更新日:2023.10.30
18807

ヘアモデルってどんなもの?サロンモデルやカットモデルとの違い

髪型のサンプル画像のモデルを務めるヘアモデル。サロンのイメージモデルを務めるサロンモデルや美容師見習いの練習台になるカットモデルと混同されがちですが、実は仕事内容が異なります。ヘアモデルとサロンモデル、カットモデルのそれぞれの特徴を紹介し、内容の違いについて解説します。

ヘアモデルとは

髪型のサンプル画像や映像のモデル

ヘアモデルとは、髪型のサンプル画像や映像に登場するモデルのことを指します。彼らは広告やイメージモデルとして活動することが一般的で、美容師の技術を披露するための重要な役割を果たしています。しかし、ヘアモデルは自分の希望する髪型を選ぶことができません。美容師が提案するスタイルに身を任せる必要があります。これにより、美容師は自由に創造性を発揮し、新しいトレンドや技術を試すことができます。ヘアモデルはそのプロセスの一環として、美容師のアートワークを身に纏うことになります。彼らの役割は単に髪型を披露するだけでなく、美容師の才能を世に広めることにも繋がっています。

雑誌やHPなどに掲載されることも

雑誌やHPなどに掲載されることも

ヘアモデルは、髪型のサンプルとして活躍する役割を担っており、雑誌やウェブサイト、ヘアカタログなど、さまざまなメディアで目にすることができます。ただ単に髪を切るカットモデルとは異なり、ヘアモデルはスタイリングや撮影にも参加するため、その仕事内容は非常に多岐にわたります。ヘアモデルとしての仕事を受ける際には、その詳細をきちんと確認し、自分が何を求められるのかをしっかりと理解しておくことが大切です。美容師の創造力を引き出し、その結果として生み出される美しいヘアスタイルを広く紹介する役割を果たしており、美容業界のトレンドを形成し、人々の美意識を高める一翼を担っています。

ヘアモデルになれるのはどんな人?

ヘアモデルになるためには、髪型だけでなく、顔や全身の印象も重要な要素となります。パーツモデルのように髪だけをクローズアップする仕事は少なく、ほとんどの場合、顔や全身が写真や映像に映り込むことになります。そのため、ファッションセンスやメイク技術、そして容姿や顔立ちが整っていることが求められるのです。ヘアモデルは髪型を主軸に活動していますが、それだけでなく、全体的なビジュアルが重視される職業でもあります。美しい髪型を引き立てるためにも、自身の容姿やスタイリングに気を使い、プロフェッショナルとしての自覚を持って仕事に臨むことが大切です。

ヘアモデルになる条件や方法

ヘアモデルを目指す方々にとって、ヘアモデルの募集を行っているウェブサイトからの応募は一般的な方法の一つです。ただし、仕事の内容によっては、単発ではなく継続的に美容院を訪れる必要があることもありますので、仕事を受ける前に期間や訪問回数などの詳細をしっかりと確認しておくことが重要です。ヘアモデルとして活動する上で、事前の情報収集と確認はスムーズな仕事の進行に寄与し、自身の経験値を高めることにも繋がります。

ヘアモデルの報酬

ヘアモデルの報酬

ヘアモデルの報酬は、依頼する美容師や企業によって設定されるため、案件ごとに異なります。一般的には数千円から数万円の範囲で変動し、仕事の内容や拘束時間、撮影の規模などによって報酬額が決まります。例えば、ヘアカタログの撮影では比較的短時間で終わることが多いため、報酬は控えめな傾向があります。一方で、ヘアショーやコンテストなどのイベントでは、準備から本番、後片付けまで長時間かかることが予想されるため、報酬額は高く設定されることが一般的です。また、写真が売れるごとに報酬が発生するケースもあり、長期にわたって収入を得ることが可能です。これらの点を踏まえて、仕事を選ぶ際には報酬額だけでなく、仕事の内容や条件をしっかりと確認しましょう。

サロンモデルとは

あるサロンのイメージモデル

サロンモデルは、特定の美容院のイメージを代表する役割を果たします。主な仕事は、美容院の広告やプロモーションのためにヘアスタイルを披露することです。これには、ヘアカタログ、美容院のウェブサイト、美容系のウェブマガジンへの掲載が含まれることが多いです。また、ヘアショーや美容系の動画撮影への出演の機会もあります。サロンモデルは、美容院でのカットやセット、時にはカラーやパーマを無料で受けることができるため、美容院代を節約することができます。ただし、美容院が求めるヘアスタイルに合わせる必要があるため、自分の希望する髪型を指定することは難しいかもしれません。

看板や広告に掲載される

サロンモデルとして活動する際、撮影された写真や動画はサロンの宣伝材料として使用されることが一般的です。これらの素材は、看板や広告に掲載され、サロンのイメージを形作る重要な役割を果たします。そのため、サロン側はモデル選びを非常に慎重に行う傾向があります。街中でスカウトされることもあれば、サロンを訪れた際に声をかけられることもあります。

ヘアカタログやネットに載ることも

サロンモデルとして撮影された写真は、サロンの公式ウェブサイトやヘアカタログに掲載されることがあります。これがきっかけで、他の美容関連のモデルの仕事や、ファッションショーへの出演依頼が舞い込むこともあります。サロンモデルの経験は、モデルとしてのキャリアを築く上で貴重なステップとなり、さらなるチャンスを引き寄せることが期待できます。この活動を通じて、自分自身を広くアピールし、多くのプロフェッショナルとのネットワーキングを築くことができるでしょう。モデルとしてのスキルを磨き、様々な仕事に挑戦することで、将来的にはより大きな舞台で活躍することが可能になるかもしれません。

ヘアモデルとの違いは活躍の範囲

サロンモデルとヘアモデルは、それぞれ異なる舞台で輝いています。サロンモデルは特定の美容院のイメージを体現し、広告やプロモーションを通じて多くの人々にそのサロンの魅力を伝える役割を果たします。一方、ヘアモデルは雑誌やヘアショー、ウェブサイトなど、多様なメディアで活躍する機会が豊富にあります。サロンモデルはそのサロンの顔として、多くの人々にそのサロンの魅力を伝える存在となりますが、ヘアモデルもまた、トレンドを牽引するスタイルを披露し、多くの人々の目に触れる存在です。どちらも美容業界において重要な役割を果たしており、活躍の範囲は個々の努力やチャンスによって大きく広がる可能性を秘めています。

サロンモデルになる方法

サロンモデルになる方法は多岐にわたります。街中で美容師にスカウトされることが一般的ですが、普段通っている美容院で施術中に声をかけられることもありますし、知人からの紹介も一つの方法です。また、SNSや専用のアプリ・ウェブサイトを利用して自分から応募することも可能です。どの方法でも、ファッションやメイクに気を使い、おしゃれを心がけることが重要であり、美容代を節約しながらも魅力的な仕事を得ることができるでしょう。

カットモデルとは

美容師見習いの練習台

カットモデルは主に美容師見習いの練習台として活動する人のことを指します。これらの見習い美容師は、カットモデルを通じて技術を磨き、一人前の美容師としてデビューする準備を整えます。カットモデルは、ヘアモデルやサロンモデルとは異なり、雑誌やヘアカタログに写真が掲載されることは通常ありません。

閉店後などにカットやブローの施術練習をする

カットモデルとして施術を受ける際、多くの場合サロンの閉店後となります。これは、営業時間中は見習い美容師が他の仕事をしているためです。この時間帯に施術を受けるメリットとして、他の客がほとんどいない静かな環境でカットしてもらえることが挙げられます。しかし、施術が終わる時間が遅くなることが多いため、時間の管理には注意が必要です。静かな環境でじっくりと施術を受けたい方にとっては、カットモデルは良い選択肢となるでしょう。ただし、遅い時間になることを考慮して、予定を立てることが大切です。

練習のため基本は無料

練習のため基本は無料

カットモデルは、美容師見習いが実践的な練習を行うための存在であり、そのため施術料金は基本的に無料です。これは、美容院代を節約したい方にとって非常に魅力的な選択肢となります。仕上がりに対する不安を感じる方もいるかもしれませんが、これらの見習い美容師は専門の知識と技術を学び、美容師免許を取得しているため、大きな問題が発生する可能性は低いと言えます。無料でプロの手による施術を受けられるチャンスを活用し、美容院代を節約しましょう。

カラーなどの場合は材料費がかかることも

カラーなどの場合は材料費がかかることも

カットやブローは大抵無料で受けられますが、ヘアカラーを希望する場合は別途材料費が必要になることがあります。カラー剤などの材料にはコストがかかるため、これを利用する施術には料金が発生するのです。カラーリングを含むカットモデルをお願いする際は、事前に料金についてしっかりと確認しておくことが大切です。そうすることで、後から予期せぬ出費が発生することを防ぐことができます。

駅前などで声をかけられる事が多い

駅前などで声をかけられる事が多い

カットモデルを探している美容師見習いやサロンは、特に都心の駅前や人通りが多いエリアで声をかけることが一般的です。また、サロンの店頭やインターネット上でカットモデルを募集していることもあります。カットモデルとして活動したいと考えている方は、積極的にこれらの募集情報を探し、自ら応募することも一つの方法です。このようにして、美容師見習いの練習台となり、彼らの技術向上をサポートすることができます。

ヘアモデル、サロンモデル、カットモデルの違いを理解しよう

ヘアモデル、サロンモデル、カットモデルという言葉を聞くと、初めての方はどれも似たようなものと感じるかもしれません。しかし、実際にはそれぞれに大きな違いがあります。後で「思っていたのと違った…」と感じないためにも、それぞれの役割や条件をしっかりと理解し、自分に合ったものを選ぶことが重要です。モデルとして活動する前に、しっかりと情報を集め、違いを理解しておくことで、スムーズに活動を始めることができます。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。