更新日:2024.02.16
145350

メンズに人気の【ツイストパーマ】短め・強め・ゆるめなどのスタイルを徹底解説

メンズヘアスタイルの中でも、「ゆるめ」「強め」のツイストパーマが注目されています。30代~40代にもぴったりで、短髪から長髪まで幅広くマッチします。ツイストスパイラルパーマやツーブロックとの組み合わせ方やセット方法、さらには女性にも人気の細かいウェーブスタイルまで、レングス別のおすすめを紹介します。

ツイストパーマとは?特徴や施術時間、値段など

ツイストパーマの特徴

「ツイストパーマ」とは、髪をねじって固定した状態でパーマをかける方法です。毛束をねじって固定し、薬剤を馴染ませた後、コットンでカバーして一定時間放置します。仕上がりは、チリチリとした動きがある毛束になります。ただし、ねじる毛量や回数、使用する薬剤、薬剤を馴染ませる時間によってねじりの強さが変わるため、カスタマイズ性が高く、さまざまなスタイルを楽しむことができます。

 

ツイストパーマをかけるのに必要な長さは?

ツイストパーマをかけるには、髪の長さが大切です。最適な長さは、髪の長さが5cm以上です。この長さだと、毛束をねじるのが簡単で、ツイストパーマがかかりやすくなります。ただし、髪が短すぎると毛束をねじりにくくなり、逆に長すぎるとボリュームが出にくくなってしまいます。パーマをかける前に、自分の髪がツイストパーマに適しているか、髪の長さをチェックしてみましょう。

 

ツイストパーマをかけるために必要な時間

ツイストパーマは、薬剤を髪につけた状態で毛束をねじり固定するため、普通のパーマよりも薬剤をつけた放置時間が長くなります。最低でも2時間半、長ければ3時間以上かかるので、時間に余裕のある日を選んでツイストパーマをかけましょう。また、パーマがかかる時間は、髪の長さや毛量によっても異なるので、美容師さんと相談して適切な時間を決めることが大切です。

 

ツイストパーマの平均的な価格帯について

ツイストパーマは施術時間が長く、多くの工程が必要なため、通常のパーマに比べて価格が高くなります。一般的な相場は、1万円前後になります。高額な施術費用になりますが、ツイストパーマは長持ちするため、後日のヘアスタイルのセットも簡単になるというメリットがあります。また、時間とコスパの面から見ても、お得感のあるパーマスタイルと言えるでしょう。

 

ツイストパーマの髪へのダメージとアフターケア

ツイストパーマは、普通のパーマよりも強い薬剤を使うため、髪へのダメージが大きいと言われています。特に頭皮に負担がかかるため、頭皮が敏感な人には不向きかもしれません。しかし、ダメージを最小限に抑えるために、施術前に髪の状態をしっかりとチェックしてくれるヘアスタイリストも多く、適切な薬剤や施術方法を選んでくれます。

ツイストパーマ後のアフターケアが重要で、施術直後からしっかりとケアを行うことが必要です。頭皮を刺激しないために、保湿オイルを使用することもおすすめです。また、サロン専売のトリートメントを使って、髪の内部から補修することで、パーマをかけた後でも健康的な髪を保つことができます。ダメージを最小限に抑えつつ、美しいツイストパーマスタイルを楽しみましょう。

 

ダメージケアに!スタイリスト専売ヘアオイルはこちら

width='399'

▼ONCEをもっと見る

『ONCE モイスチャーオイル』は、スタイリストと共創したヘアオイル。洗っても髪に留まる補修成分ペリセアをはじめ、ケラチンやコラーゲンなどの高い保湿・補修効果をもつ成分を厳選配合しています。

オイルなのにサラッと軽やか。髪のスタイリングにも使えて、自然なウェット感を演出してくれますよ。

 

ツイストパーマに向いている・向いていない髪質は?

ツイストパーマに適した髪質

ツイストパーマは、髪をねじってパーマをかける方法で、ねじった毛束で髪にボリュームを出すことができます。そのため、毛量が少なく、ボリュームが出しにくい猫っ毛や、細くてペタンとした髪の方におすすめです。 

 

ツイストパーマが不向きの髪質

ツイストパーマはダメージが大きく、頭皮に刺激がかかるため、カラーリングや過度のパーマなどでダメージがひどい髪質の方には不向きです。また、頭皮が刺激に弱い方にも不向きです。ツイストパーマを検討する場合は、必ずヘアスタイリストと相談し、自分に合ったパーマ方法を選ぶことが重要です。

 

メンズツイストパーマにおける弱めと強めの違いとメリット

メンズツイストパーマは、ねじりの強さによって強めと弱めに分けられます。それぞれの違いやメリットをみていきましょう。

 

メンズツイストパーマ 強め×ショート

メンズツイストパーマの強めのスタイルは、ワイルドな印象を演出することができ、自分らしい個性的なスタイルを手軽に作り出せる魅力があります。特にショートヘアでは、ねじりの強さは控え目になりますが、それでも力強く、カッコいいヘアスタイルを実現することができます。

 

メンズツイストパーマ 強め×ミディアム

メンズツイストパーマの中でも、強めのツイストパーマをミディアムの髪型にかけると、ウェーブが細かくなり、動きのあるヘアスタイルに仕上がります。ツイストパーマは長持ちするため、何度もかけ直す必要がなく、コストパフォーマンスも良くなります。ミディアムは髪の量が多い場合が多いため、ねじりも強くなりますが、過度に強くするとパーマの持ちが悪くなる場合もあるため、スタイリストと相談して自分に合ったネジりの強さを選びましょう。

 

メンズツイストパーマ 弱め×ショート

メンズツイストパーマは、弱めのパーマでも魅力的なヘアスタイルを実現できます。弱めのツイストパーマは、ねじりが少ないためパーマ感は薄れますが、自然なクセ毛風の仕上がりになります。清潔感のある爽やかな印象を与えるヘアスタイルにぴったりです。ショートヘアでも取り入れやすく、カジュアルな装いにも合わせやすいので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

メンズツイストパーマ 弱め×ミディアム

ツイストパーマを弱めにかけることで、ミディアムヘアでも自然で柔らかなウェーブを楽しむことができます。ツイストの程度が控えめになるため、カジュアルなスタイルにぴったりです。また、スタイリングも手軽でビジネスシーンでも使いやすいため、社会人の方にもおすすめです。

 

ツイストパーマのおすすめスタイル

シンプルショートでもツイストパーマでおしゃれにアップデート

シンプルなショートヘアにツイストパーマをかけることで、ボリュームを出してメリハリをプラスし、垢抜けたおしゃれな髪型に。髪にボリューム感を与え、クセ毛風の自然な仕上がりで、爽やかでおしゃれな印象を演出します。

 

トップにボリュームが出るから小顔効果も期待できる

ツイストパーマは、トップにボリュームが出るため、小顔効果が期待できます。ショートヘアにツイストパーマをかけると、顔周りがスッキリと見え、メリハリのある印象に仕上がります。全身のスタイルも良く見えるため、男っぷりがアップするというメリットもあります。

 

くすみカラーはツイストパーマと相性抜群

ツイストパーマとくすみのある発色のヘアカラーは相性が抜群です。ツイストパーマの毛束の動きがくすみカラーでより引き立ち、ワンランク上のスタイリングに仕上がります。特に、グレー系のくすみカラーは現在のトレンドカラーでもあり、ツイストヘアと組み合わせることで、おしゃれでトレンディな印象を与えます。

 

ハイライトを組み合わせて立体感アップ

ハイライトを加えることで、ツイストパーマの毛束の動きが引き立ち、ふわふわクシュッとした質感が映え、髪の立体感がアップします。さらに、両サイドをさりげなく隠しツーブロックにすることで、ツイストヘアの動きが一層際立ち、ワイルドさも感じさせるスタイルに仕上がります。

 

30代におすすめ短めのツイストスパイラル

トップを少し長めに残して、髪に軽やかな動きを加えることで、顔周りがぱっと明るく、スッキリ見えるんです。ツイストパーマを施すことで、自然にボリュームと生き生きした動きが出て、明るく元気な雰囲気を演出できますよ。特に卵型のお顔の方には、お顔のラインをより美しく魅せる効果があるんです。

 

ツイストパーマとホワイトメッシュのコラボレーション

ツイストパーマとホワイトメッシュ、この二つの組み合わせで髪には楽しさと動きが生まれます。ホワイトメッシュがトレンド感をプラスし、ツイストパーマがふんわりとしたカールで自分らしさを引き出します。おしゃれを楽しみたいあなたにピッタリのスタイルですね。

 

ナチュラルに仕上がるゆるめツイストパーマ

大人の魅力を引き出したいなら、ふんわりとしたゆるめのツイストパーマがおすすめ。ウェットな質感で仕上げることで、ラフながらもどこか上品な色気を漂わせます。自然体でいながらも、洗練された印象を与えたい方にぴったり。特に、柔らかなウェーブが顔周りを優しくフレームし、爽やかさをプラスしてくれます。

 

ツイストパーマのスタイリングのコツ

ヘアケアが大切!まず最初に保湿をしよう

ツイストパーマのスタイリングのコツ

ツイストパーマはダメージが大きいパーマのため、日々のスタイリング時にヘアケアを欠かさず行うことが重要です。まずは、髪全体を濡らして洗い流さないトリートメントを手のひらに取り、髪の毛に馴染ませます。ダメージ補修効果があるものを選ぶとより効果的です。ヘアケアによる保湿は、髪にハリやコシを与え、スタイリングしやすくするので、パーマの持ちを良くすることにもつながります。

 

ワックスを揉み込んでベースをつくろう

ワックスを揉み込んでベースをつくろう

トリートメントを馴染ませたら、全体をくしゃっとさせながらブローして髪の根元から立ち上げます。その後、ライトハード系のクリームワックスを手に取り、全体に揉み込みます。ライトハード系のワックスは、硬すぎず柔らかすぎず、重すぎないので、ツイストパーマのセットに適しています。ワックスを揉み込むことで、髪にベースをつくり、セットが長持ちするようになります。

 

指で毛束をつくって形をつくろう

ツイストパーマのスタイリングでは、指で毛束をつくって自然な形を作ります。まず、全体的にボリュームを出すために、指先で髪をつかんで持ち上げます。その後、毛先を軽く絞るようにして指で捻りながら、形を整えます。ただし、ボリュームが出すぎてアフロのようになってしまう場合は、鏡を見ながらボリュームがいらない部分を手で押さえてボリュームダウンさせることも大切です。

 

ハードスプレーでキープ力UP!ツイストパーマのスタイリングの仕上げ方

ツイストパーマのスタイリングを完成させるには、仕上げにハードスプレーを使うのがおすすめです。ワックスで作ったスタイルは、時間が経つにつれて崩れやすくなってしまいますが、ハードスプレーでしっかりキープすることができます。特にダメージを受けた髪は、湿気の影響を受けやすいため、湿気に強い効果があるスプレーを選ぶことが大切です。

仕上げにスプレーを使うことで、スタイルが長持ちし、清潔感が保たれます。ハードスプレーは、スタイルのキープ力が高く、スタイリング剤の中でも最も強い固定力を持っています。スプレーの距離や吹き方にもコツがあります。スプレーの距離は、髪とスプレー缶の距離を約20cm程度に設定し、スプレーの噴射方向は、髪の根元から頭頂部に向かって吹きかけるとよいでしょう。

ツイストパーマのスタイリングは、保湿から仕上げまでの一連の流れが重要です。手順を丁寧に行うことで、美しいスタイルを長時間維持することができます。 

 

メンズツイストパーマで失敗する原因とは?

メンズツイストパーマが上手くいかないのには、いくつかの理由が考えられます。ツイストパーマで失敗する原因をみていきましょう。

 

1.薬剤の使いすぎ

薬剤を強くしすぎたり、反応させている時間が長すぎたりすると、髪がパサついたり、チリチリになってしまい、パーマが失敗する原因になります。パーマ剤はツイストパーマには欠かせませんが、適量を守ることが重要です。また、パーマ剤によっては髪にダメージを与えてしまうため、使いすぎには注意が必要です。正しい使い方を守って、健やかでキマるツイストヘアを手に入れましょう。

2.毛量が少ない

メンズツイストパーマを成功させるためには、ある程度の髪の毛のボリュームが必要です。髪をカットする際に、切りすぎてしまい髪の毛の量が減ってしまうと、パーマが上手くいかなくなることがあります。また、少ない毛量で無理にパーマをかけようとすると、髪がチリチリになったり、地肌が見えたりと、失敗してしまう可能性があります。したがって、事前に髪の毛の量や状態をしっかりと把握し、パーマの施術前に必要なカットやケアを行うことが大切です。

3.毛束が細かい

メンズツイストパーマをかける際、毛束の太さが失敗の原因になることがあります。細かな毛束でパーマをかけようとすると、パーマが上手く定着せず、ふんわり感が出にくくなってしまいます。逆に毛束が太すぎると、ウェーブが緩くなりすぎてしまい、自然な仕上がりにはなりません。そのため、ある程度の太さの毛束でねじるようにすることが大切です。毛束の太さを調整することで、ツイストパーマのバランスをとりながら、ふんわりとした立体感のあるヘアスタイルを作ることができます。

 

メンズツイストパーマで失敗したときの解決方法

メンズツイストパーマを作ろうとして失敗してしまった場合、一人で対処しようとするのは避けましょう。ストレートパーマや縮毛矯正など、自宅での対処法はダメージを増加させる原因となります。自宅でできる対策としては、トリートメントで髪を保湿し、チリチリを抑える方法がありますが、これだけでは改善されない場合もあります。自分で直そうとせず、美容師に相談することが重要です。美容師は髪の状態や原因を確認し、最適なアドバイスやケア方法を提供してくれます。次回のパーマに向けたカウンセリングも行ってくれるので、今後同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

 

ツイストパーマはスタイリング楽チンなメンズパーマ

ツイストパーマは髪にボリュームを出しやすく、メンズの毎朝のスタイリングにおいて非常に便利です。また、長持ちしやすいパーマでもあります。ツイストパーマを利用することで、簡単に現代的なメンズヘアスタイルに変身できます。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事