HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

このページでは、位置情報の利用に同意していただくことで、
今いるエリアの人気のスタイリスト情報などをお届けすることができます。

上記の位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2020.05.29

1141

自宅で簡単!ブリーチあり|セルフインナーカラーのやり方

美容院に行かずに簡単イメチェンしたい。そんな時は自宅で簡単インナーカラーに挑戦してみませんか?ちらりと見えるインナーカラーはそのままでも、髪を耳にかけてもかわいいスタイルです。材料をそろえてセルフインナーカラーにチャレンジしましょう。

セルフのインナーカラーのやり方

染めたい部分を残してしっかりブロッキング

インナーカラー デザインカラー ミニボブ ボブ ヘアスタイルや髪型の写真・画像
haruhi/CHIC feuxメッセージメニューを見るヘアカタログを見る

位置情報を利用してスタイリストを見つけよう!

まずは、髪の毛の内側で色を入れたいところを探しましょう。イメージを検索してから始めるとスムーズに作業できます。入れたい部分が決まったら染めないところをしっかりとブロッキングすることが最大のポイントです。

 

ブリーチ剤で脱色する

ブリーチは必ずカラーを入れたいところだけに塗布してください。確実に希望のカラーを入れたい場合はブリーチ回数を2回に分けるなど様子を見てください。

 

ブロッキングしたままシャンプーし洗い流す

塗布時間が経過して、洗い流す時はブロッキングした髪の毛を下ろさないように気を付けてください。ブリーチ剤は少しついてしまうと色落ちが早いため、そのままの状態でシャンプーをして洗い流してくださいね。

 

髪をよく乾かす

髪の毛をしっかり乾かさないとカラーが流れてしまい塗布しにくくなります。少し手間は掛かりますが、良く乾かすことも重要です。

 

希望の色のカラー剤を馴染ませる

ムラが出ないようにカラー剤をたっぷり使って塗布しましょう。カラー剤だけではなく、カラーバターなどしながらカラーできるものもあるので試してみてください。

 

再び染めた部分だけシャンプーする

2回目のシャンプー。この時もブロッキングしたまま流す方が良いですね。カラー剤が染めていないところにも飛んでしまっている可能性もあるので、インナーカラー部分が綺麗にシャンプー出来たら全体もシャンプーしましょう。

 

目指すインナーカラーをしっかりイメージして♪

インナーカラーは、全体を染めるにはちょっと派手すぎるかな?と思ってしまうくらいのカラーを入れる方が目立つのでかわいいです。なりたいイメージを見つけてインナーカラーでおしゃれを楽しんで下さい。

 

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧