ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.03

771

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

皆さんはトリートメントとリンス、コンディショナーとの違いを正しく理解していますか?髪のトラブルによってトリートメントの選び方を変えるのもおすすめです。今回はそんなトリートメントに的を絞り、詳しくご説明していきたいと思います!

トリートメントとは?おさらいしよう

髪のダメージを補修する

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

トリートメントは、髪の毛を健康にする働きがあるものとされています。なぜなら、髪の毛の内部にまで栄養を浸透させることができるからです。

コンディショナーとの違いは?

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

トリートメントは内部に栄養を与えるものですが、コンディショナーは保湿成分などで髪の毛の表面を保護する役割を持っています。

リンスとの違いは?

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

リンスは基本的にシャンプーの後に使うもので、髪のきしみを防ぐために使います。トリートメントのように、内部に浸透させる目的はあまりありません。

枝毛、切れ毛、ドライヘア向けトリートメント

ミルクタイプのトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

髪の毛の乾燥が気になる!という場合は、ミルクタイプのトリートメントがおすすめ。保湿効果が高い分、しっとりとした着け心地になりますよ♪

アミノ酸系のトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

最近人気の「アミノ酸系トリートメント」。髪の内外部のダメージを修復することで知られています。枝毛や切毛が気になる人におすすめ!

オイリーヘア向けトリートメント

ミストタイプのトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

頭皮のべたつきが気になるオイリーヘアの人には、脂分の少ないミストタイプがおすすめ♪シュッとするだけ、使い勝手がいいのも魅力のひとつです。

ノンシリコンタイプのトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

合成界面活性剤により頭皮の脂が必要以上に洗い流されてしまうと、逆に皮脂が多くなる原因になります。ノンシリコンシャンプーなら安心ですね♪

洗い流すトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

洗い流すタイプのトリートメントなら、後のべたつきが気になることもありませんよ!浴室で使えるので、ケアを忘れることもありませんね♪

つやが出るトリートメント

オイル系のトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

髪の毛のツヤを出したい人はオイルタイプのトリートメントを使うといいでしょう。保護効果もバッチリなので、ヘアアイロンを使う人にもおすすめ!

スプレータイプのトリートメント

知ってるようで知らないかも?髪のコンディション別トリートメントの選び方

気軽に使えるスプレータイプのトリートメントですが、少しの量でも髪全体に行き渡り、髪の水分不足を防ぐことで髪の毛のツヤを実現させます♪

シャンプーにこだわるなら、トリートメントにもこだわろう♪

分かっているようで、分かっていなかったシャンプーの後に行う3つの違い、そして、トリートメントの適切な選び方についてお分かりいただけたでしょうか?この記事を参考に、今日からさっそくツヤ髪を目指してくださいね♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧