ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2019.11.25

12051

ショートヘアはパーマで可愛く♡セットはスタイリング剤を正しく活用しよう

パーマをかけて美容院でスタイリングしたときは可愛く仕上がっていたのに、何故か自宅では上手くいかないなんてことはありませんか?ショートにしたいけどセットが大変だから、出来ないと思っている人も多いはず。今回はセットのコツと、おすすめのスタイリング剤を紹介します♡

セットはドライするときから

分け目は無しでヘアドライ!

パーマをふんわりと綺麗に仕上げる為には分け目を付けないことが重要になります♪
理由はふたつあって、頭のテッペンがペタンとなるのとハチにボリュームがたまるから。
要するに、頭とお顔が大きく見えてしまうのです!

分け目を綺麗に消すポイント

分かれるクセが付いている人は、必ず地肌までしっかり濡らしてからドライヤーをかけましょう!
ドライヤーの風は頭の上からあてて、地肌を乾かす感覚で根元をしっかり乾かします。
乾いてから更に1~2分間、同じ要領で乾かしたらふんわり仕上がるのです♡

パーマには髪の水分量が大事

パーマをしっかり出したい時

パーマは濡れている時に1番カールが出て、乾くとカールがゆるくなります。
パーマをしっかり出したい時の髪の水分量は、20~40%が理想的ですよ♡
仕上がりのイメージに応じた水分を髪に残した状態で、スタイリング剤を付けましょう。

ほどよくパーマを生かす

ほどよくパーマを活かしたいときは、髪の水分量10~20%が良いでしょう!
一度オーバー気味に乾かしてから、ボリュームを持たしてセットするのがポイントです。
襟足はキュッとタイトにしめて軽く外ハネにすると、バランスよし♡

パーマをさりげなく出したい時

パーマをさりげなく出したい時は、髪の水分量は0~10%と少なめに!
シャワーで濡らした後に、しっかりと全部乾かしてから毛先だけに少しスタイリング剤をもみ込んで仕上げましょう。

スタイル別スタイリング剤の選び方

パーマかけたてはムース

外国人風 グレージュ パーマ ストリート ヘアスタイルや髪型の写真・画像
NORA / YUMA ISHIKAWA NORA HAIR SALON予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ムースには水分がたくさん入っているので、手でもみ込んで馴染ませると綺麗にカールを出すことが出来ます♪
最近のムースは軽くてふんわり柔らかく仕上がるムースがあるので、パーマかけたては断然ムースがオススメです♡

カールが緩くなったらワックス

パーマをかけてからしばらく経つと、カールが緩くなってきますよね。
そんな時はワックスを使うと弱いカールでもふんわり仕上げる事が出来ます。
方法は簡単!髪を水で濡らしてからワックスで揉み込むだけ。
髪を濡らすことでパーマが戻るので、ワックスで固めるようなイメージです。

アレンジするならウェット感

いつものスタイリングに飽きしてしまったときに、オススメのアレンジを紹介♪
パーマの動きを出してから、仕上げにジェルやオイルを馴染ませてウェット感を出してみましょう。
ラフな雰囲気が、おしゃれ感をUPさせてくれますよ♡

トリートメントはミルクタイプがおすすめ♪

スタイリング剤に抵抗のある人

髪にスタイリング剤を付けたくない、という人もいますよね。
そんな人には、洗い流さないミルクタイプのトリートメントがオススメです♡
ベタつかずサラッとした仕上がりなので、スタイリング剤が苦手の方でも抵抗なく使うことが出来ますよ。

パーマヘアを綺麗に見せたい人

パーマをかけると、どうしても髪がパサつきがち。
そんな時はトリートメントをつけるとツヤが出て髪が綺麗に見えますよ♡
洗い流さないトリートメントはセットする力は無いものの、パサつきや広がりを抑えてくれる効果があるのもポイントです!

あなたもスタイリング上手♡

今までショートヘアのパーマスタイリングは難しいと思っていたあなたも、ポイントとコツさえつかんでしまえば楽にセット出来るのがパーマの魅力です♪
実はどのスタイリング剤も揉み込むだけで簡単なので、考えすぎる必要はありません。
自分でもうまくスタイリングできるようになって、パーマヘアを楽しんでくださいね♡

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧