更新日:2024.03.14
384765

フェードカット完全マニュアル:基本スタイルからビジネス・カジュアルまで

女性ウケがよいと話題のフェードカット。今回は、その特徴からセット方法までフェードカットのすべてがわかる内容をお送りします。ビジネス向けからお洒落さん向けまで、短めから長めまでおすすめのスタイルもご紹介!

海外メンズの定番スタイル「フェードカット」とは

フェードカットとはどんなスタイル?

フェードカットとは一言で言うと、ベリーショートの刈り上げです。しかし、普通の刈り上げは3㎜~15㎜のところ、フェードカットは最短で0㎜にカットするのがポイント。坊主のように短く刈り上げて、トップへ行くにつれ濃くすることでグラデーションをつくります。

 

フェードカットとツーブロックの違いは?

フェードカットと似たようなヘアスタイルに「ツーブロック」があります。両者の違いは刈り上げによる段差の有無です。

フェードカットは、髪の長さがグラデーションのように徐々に変わっていくスタイルです。サイド・バックにいくにつれて短く、トップにいくにつれて長くなるようにカットします。しっかりと刈り上げるわけではないため、比較的ソフトな印象になります。

一方、ツーブロックは刈り上げ部分と髪を残す部分がくっきりと分かれ、段差のように見えるスタイルです。長さの異なる2つのブロックができることからこの名称がついています。残したサイドやバックの髪を被せるスタイルも存在し、フェードカットよりはスタイルの幅が広いです。

 

ツーブロックや刈り上げから移行しやすい

フェードカットはツーブロックや刈り上げから簡単に移行することができます。短く刈り上げた部分をさらにカットし、グラデーションを付ければ完成。ツーブロック、刈り上げの髪型に飽きた人はぜひフェードカットに挑戦してみては?

 

ビジネスシーンでも清潔感があって好まれている

ビジネスシーンでも清潔感があって好まれるヘアスタイルです。仕事ができる男性に見えるともいわれているフェードカット。髪全体に立体感を出せるため、髪質や顔型を問わずに似合うのが特徴です。セットが簡単で朝の忙しい時間でも手軽にスタイリングできるため、多くの男性に支持されています。さらに、長さやバリエーションを変えることで、自分らしいスタイルにカスタマイズできるのも魅力的です。 

 

フェードカットにすることのメリット

硬派な男らしさが出せる

硬派な男らしさが出せる

フェードカットは、髪の毛を徐々に短くカットすることで、上品でクラシカルな印象を与える髪型です。硬派で男らしい印象を出せるのが最大の魅力といえます。クールで引き締まった雰囲気を演出できるため、若々しさよりも風格や品位を重視したい男性には特におすすめです。 

 

無駄のない洗練されたデザイン

無駄のない洗練されたデザイン

フェードカットは、シンプルで無駄のないデザインが特徴的です。トップの髪をサイドに寄せる定番のスタイルは、どんな場面でも違和感なく馴染むため、男性の顔立ちを引き立て、ビジネスシーンやプライベートでもどんなシーンでも服装にも合わせやすいというメリットがあります。

 

スタイリングに時間がかからず簡単に決まる

スタイリングに時間がかからず簡単に決まる

コームとスタイリング剤だけで手軽にオシャレにセットできるのが魅力的です。時間をかけることなく、基本的なスタイリングのみで完成するので、スタイリングが苦手&少々不器用な人でも簡単に挑戦できます。セットが簡単なため、朝の忙しい時間でも手軽にスタイリングできるのが利点です。

 

フェードカット・短髪の定番スタイルを楽しむ

初心者にも受け入れやすい定番フェードカット

定番のフェードカットは、刈り上げ部分が頭部の中間までになっており、シンプルでスタイリングも簡単なため、初心者にも受け入れやすいスタイルです。ツーブロックから移行する人には、フェードカットがおすすめです。初めてフェードカットに挑戦する人は、まずは定番のスタイルから始めてみることをおすすめします。

 

ヒゲと一体化して調和がとれているフェードカット

ヒゲをコンプレックスに感じる男性も多いですが、フェードカットと組み合わせることで、ヒゲと髪の毛が一体化した印象を与えることができます。ヒゲの長さを髪の毛と同じ長さに切りそろえ、丸みを帯びた形に整えることで、上品で洗練されたシルエットを作り出すことができます。

 

短髪フェードカットならカラーリングも目立ちやすい

短髪フェードカットは、トップにポイントを置くことで注目度が高く、カラーリングにも最適です。視線がトップに向かうため、カラーリングを施すことで、そのカラーがより際立ちます。さらに、狭い面積にカラーリングするため、派手な色でも違和感なく取り入れられます。ハイトーンやハイライトなどの明るい色を使って、自分らしい個性的なスタイルを表現しましょう。

 

前髪長めのフェードカットはビジネスにも最適

フォーマルなシーンでも使いやすいローフェードカット

ローフェードカットは、耳周りと首のラインのみを刈り上げて、短くカットする部分を少なくしたデザインです。自然なグラデーションが特徴的で、全体的にシンプルで清潔感があるため、ビジネスシーンやフォーマルなシーンでも使いやすく、オンオフ問わず活躍します。加えて、男性の顔の輪郭に合わせてデザインされるため、顔の形をより引き立てます。

ウェットなスタイリングでビジネスシーンを彩る

前髪をサイドからバックへ流すことで、ビジネスシーンでも爽やかな印象を与えます。ウェットにスタイリングすることで、より清潔感がある仕上がりになります。フェードカットのグラデーションは自然でありながらも洗練された印象を与え、ワンランク上のヘアスタイルに仕上げることができます。スーツやカジュアルスタイルにも合わせやすく、社会人であればマスターしたいスタイリングの一つです。

 

ふわっと分ければ今っぽいスタイルに

長めの前髪を自然に分けると、柔らかく優しい印象を与えます。男らしさと柔らかさを両立させ、現代的なトレンドスタイルとなっています。程よく力が抜けたナチュラルな雰囲気は、ビジネスシーンでも活用できるだけでなく、カジュアルスタイルにも適しています。ウェットタイプ、ドライタイプ、クリームタイプのスタイリング剤を使い分けることで、自分らしい魅せ方を表現できます。 例えば、ウェットタイプのスタイリング剤を使えば、清潔感のある印象を与えることができ、クリームタイプのスタイリング剤を使えば、柔らかな雰囲気を表現することができます。

 

前髪下ろすフェードカットでナチュラルな短髪へ

前髪を下ろせば自然なスタイルが完成

ベリーショートは、前髪を下ろした自然な印象が特徴的なヘアスタイルです。コンパクトなデザインのため、髭やメガネと一緒にヒゲやメガネなども楽しめます。スタイリングもワックスを手のひらに取りながら髪に馴染ませるだけで簡単に仕上げることができます。

 

束感スタイリングで男らしく

束感が出るようにスタイリングすれば、より男らしいスタイルになります。ドライなスタイリング剤を使用すると、マットでボリューム感が出て、カジュアルな雰囲気に仕上がります。一方、ウェットなスタイリング剤を使うと、クールで色気のある印象を演出することができます。束感を出すことでフェードカットの部分もより活きます。どのシーンにも合うスタイルなので、ベリーショートの方はぜひ習得してみましょう。

 

センターパートで柔らかく仕上げる

下ろした前髪をセンターパートで分けると、柔らかい雰囲気に。髪の量が多い人は、ゆるくパーマをかければスタイリングがより楽になります。シンプルで洗練された印象を出すためには、髪になじみやすいオイルやクリームなどのスタイリング剤を使うのがポイントです。フェードカットの素朴さを活かすためにも自然に仕上げて、短髪特有の力強い印象をカバーしましょう。

 

個性あふれるスタイルで自分らしく

大人の遊び心満点のアシメのフェードカットスタイル

普通のフェードカットに飽きてしまった方は、アシンメトリーカットに挑戦してみるのも良いかもしれません。髪の長さを左右でアシンメトリーにすることで、毛流れをシャープに遊ばすことができ、スタイリングの幅が広がります。スタイリング剤によっても表情が変わるため、様々なシーンで活躍することができます。

 

ツーブロックは海外ではアンダーカットフェードと呼ぶ

日本でいうツーブロックは、海外にてアンダーカットと呼びます。しかし、サイドやバックはほぼ同じ長さに刈り上げることが多いので、ツーブロックとは少々違いがありますね。そして、アンダーカットフェードはトップにあるつなぎ目に少しフェードを残すデザインのことです。海外の男性のようなヘアスタイルに仕上げたい人は、挑戦してみてはいかがでしょう。

 

フェードカット・パーマでスタイリッシュ感UP

フロントをメインにスパイラルパーマで髪全体に動きを

フェードカットとスパイラルパーマを組み合わせることで、おしゃれでモダンなヘアスタイルに。フェードカットの髪の毛を刈り上げる部分と、スパイラルパーマのカールをかける部分を明確に区別しているため、一段と魅力的に仕上がるでしょう。カールを強調するために、スタイリング剤を使うこともできます。ヘアスタイルにアクセントを加えたい人におすすめのスタイルです。

 

緩やかパーマでスタイリッシュの中に優しさをプラス

よりオシャレに仕上げたい人は、緩やかなパーマを加えてみることをおすすめします。緩やかなパーマをかけることで、柔らかく優しい雰囲気を出すこともできます。

 

ストリートファッションにも似合うフェードカット

ツーブロックやフェードカットはストリートファッションとの相性が抜群。爽やかなイメージのストリートファッションや迷彩柄などがgood。ストリートファッションと組み合わせることで、ツーブロックやフェードカットのアレンジも広がり、新しいスタイルを見つけることができるでしょう。

 

フェードカット×フェザーマッシュ:都会的なメンズスタイル

フェードカットにフェザーマッシュを融合したスタイルは、サイドとバックを段階的に短くし、トップに動きのあるレイヤーとパーマを加えることで、洗練された都会的なルックを演出します。20代から40代の男性におすすめです。

 

50代×グレイヘアにフェードはよく似合う

グレイヘアを生かしたフェードカットは、50代の男性の魅力をぐっと引き立てます。フェードアシメアップバングを取り入れることで、より洗練され、柔らかい印象を演出することができます。

 

フェードカットのセット方法

スタイリング剤はポマードやグリースがおすすめ!

スタイリング剤はポマードやグリースがおすすめ!

フェードカットに合うスタイリング剤は、ポマードやグリースがおすすめです。ポマードは、綺麗なツヤ感と強いセット力が特徴で、髪の毛を整えるのに適しています。ただし、スタイリング剤独特の匂いがあるため、匂いが気になる場合はグリースを使用することをおすすめします。グリースには、クールグリースが特に人気がありますが、他にも種類があるため自分に合った種類を見つけてみては。

 

ナチュラル派にはヘアオイルも!

ポマードやグリースはツヤ感が強いため、ビジネスでは浮いてしまうことも。あまりツヤを主張しすぎたくない人には、自然なツヤ感が出せるオイルがおすすめです。

ONCEのヘアオイルは、サラッと軽いのにちょうどいいオイル感が残るのがポイント。スタイリングはもちろん、シャンプー後の髪を乾かすときにも使えます。

width='399'

 

▼ONCEをもっと見る

ドライヤーで乾かす時は完成形の髪の流れを意識して

ドライヤーで乾かす時は完成形の髪の流れを意識して

まず、髪の毛を全体的に濡らします。その後、タオルで軽く水気を取って、余分な水分を落とします。髪の毛に必要な水分を残しつつ、過剰な水分を落としてセットしやすくします。

次に、ドライヤーを使って乾かします。ドライヤーは、温風と冷風を使い分けると良いでしょう。最初は温風で乾かし、髪の毛の根元から乾かしていきます。手で髪を持ち上げながら、ドライヤーを当てると根元から立ち上がりやすくなります。根元が乾いたら、中間部分を乾かしていきます。

最後に、冷風で髪の毛全体を冷やすと、スタイルが長持ちしやすくなります。乾かす際は、手グシやコームを使い、トップの流れをつくります。ここで、完成形の髪の流れをイメージしながら、スタイルの下地をつくります。

 

8割ほど乾かしてスタイリング剤を付けて整えれば完成

8割ほど乾かしてスタイリング剤を付けて整えれば完成

8割ほど乾き、綺麗にスタイルの下地をつくることができたらスタイリング剤で固めます。スタイリング剤は、髪の毛が少し湿った状態で使うのがポイントです。ポマードやグリースを使う場合は、指先で少量取って手のひらで温めてから髪になじませると、より効果的です。最後に、トップの毛流れを整えて、完成形の髪型をイメージしながら仕上げましょう。 

 

フェードカットで彼がスタイリッシュに変身!

フェードカットにすると、印象がガラリと変わってスタイリッシュに見えます。男性らしさを強調することができるため、女性からの支持も高く、夫や彼氏に取り入れてほしい髪型の一つになっています。また、大人っぽい印象を与えるため、年齢を重ねた男性にもおすすめのスタイルです。

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事