更新日:2023.06.08
145190

美容室の頻度ってどれくらいがベスト?髪型・カラー・悩み・男女別の理想的な頻度

「どのくらいの頻度で美容室に行けばいい?」髪の長さ、カラー、パーマ、そして日常の髪の悩み。それぞれの状況に応じて、美容室の頻度も変わってきます。男性と女性、それぞれの理想的な頻度についても考慮しましょう。この記事では、あなたの髪の状態や悩みに合わせて、美容室に行く最適なタイミングをご紹介します。

美容院に行くベストなタイミングとは?

美容院に行くベストなタイミングとかあるの?

髪の毛は1カ月に約1cmのペースで伸びます。このわずかな伸びでもシルエットに影響を与え、スタイルや雰囲気が変わってしまうこともあります。だからこそ、理想のスタイルやカラーをキープするためには、美容院に行くベストなタイミングが重要です。

自分にとっての美容院に行く頻度を決めるポイント

自分にとっての美容院に行く頻度を決めるポイント

理想のヘアスタイルを維持するためには、カット、カラーリング、パーマの3つが重要です。自分の好みやスタイルによって、美容院に行く頻度を適切に決める必要があります。髪の長さやカラーの褪色、スタイルの崩れ具合などを見極め、自分に合った頻度を見つけましょう。

ヘアスタイルを変えたり悩みがあるときは好きなタイミングでも

ヘアスタイルを変えたり悩みがあるときは好きなタイミングでも

ヘアスタイルをキープしたい人は最適なタイミングで美容院へ行くのが良いです。ただし、新しいヘアスタイルに変えたい場合や悩みを解消したい時は、自分の好きなタイミングで美容院に行くことが大切です。

レングスで異なる!美容院に行くタイミング

ショート・ボブは1~1.5カ月に1回

髪が短いショートヘアやボブヘアは、髪の成長によるシルエットの崩れが目立ちます。そのため、1~1.5カ月に1回のカットがおすすめです。忙しくてなかなか行けない場合でも、2カ月を限界と考えましょう。3カ月以上経つとシルエットが大きく変わってしまう可能性があります。

ミディアム~セミロングは2~3カ月に1回

ミディアムやセミロングの髪は2~3カ月が過ぎるとスタイルの崩れが目立ち始め、毛先のダメージも気になる時期です。髪が長いため変化を感じにくいかもしれませんが、整った髪型をキープするためには2~3カ月に1回美容院へ通うことがおすすめです。

ロングは3~4カ月に1回でOK

ロングヘアは他のスタイルに比べてシルエットやバランスの崩れが目立ちにくいため、3~4カ月に1回の頻度での美容室で十分です。しかし、髪が長くなるほど毛先のダメージが気になりますので、目立たないからといって頻度を減らしすぎるのはおすすめできません。

前髪のカットは1カ月を目安にする

前髪は印象に大きな影響を与える要素です。少し伸びただけでも目にかかる長さになり、印象が変わることもあります。前髪のカットは1カ月に1回を目安にすると良いでしょう。美容院に行けない場合でも、ヘアアイロンを使ったスタイリングや流し方でカバーすることもできます。

髪を伸ばし中の場合は2〜3ヶ月に1回がベスト

髪を伸ばしている最中の方は、2〜3ヶ月に1回のペースで毛先のカットを行うと良いです。髪を伸ばすためには時間がかかりますが、その間も定期的なメンテナンスが必要です。特に前髪も同様です。前髪を放置して傷ませてしまうと、第一印象に影響が出てしまう可能性があります。

また、カラーリングをしている場合は、カラー落ちや根元と毛先の色の違いが気になることもあるでしょう。次のヘアカラーのタイミングも考慮して、美容院の頻度を決めましょう。 

ヘアカラーによっても異なる!美容院に行くタイミング

基本は1.5~2カ月に1回

ヘアカラーによっても異なる!美容院に行くタイミング 基本は1.5~2カ月に1回

ヘアカラーもカットと同じく、基本的には1.5~2カ月に1回の頻度が理想的です。このタイミングで髪の伸びた部分をカットし、カラーリング(リタッチ)を行うことで、理想のスタイルをキープできます。2カ月以上経過すると色の違いが目立ちやすくなるため、1.5~2カ月に1回がおすすめです。

明るめのカラーの場合は1~1.5カ月を目安に

明るいトーンのヘアカラーを楽しむ場合、髪の伸びる速度によって地毛の色が目立ってしまうことがあります。このような「プリン状態」を避けるためには、1~1.5カ月に1回の早めのタイミングで美容院を訪れることが大切です。個人によって髪の伸び具合は異なるため、定期的にチェックしておきましょう。

暗めのカラーの場合は2カ月に1回ペースでもOK

明るめのヘアカラーでは、髪の伸びる速度によって地毛の色との差が目立ってしまうことがあります。そのため、1~1.5カ月ごとに美容院でカラーリングをすることをおすすめします。一方、ダークカラーでは地毛との色の差が目立ちにくく、2カ月に1回のペースでも問題ありません。地毛に近いカラーならば、3カ月に1回でも十分です。

カラーよりダメージが気になる人はスパンを長めに

ヘアカラーによるダメージを気にする方は、カラーリングの頻度を長めに設定すると良いです。薬剤やブリーチによるダメージは、カラーを繰り返すごとに蓄積されます。カラーの楽しみよりも髪のダメージを抑えたいという意識が高まった場合、数ヶ月に1度のペースでカラーリングを行いましょう。

明るいヘアカラーをしている場合、時間が経つと髪が「プリン状態」に見えてしまいます。このような場合は、一度暗めのカラーに変えてから、しばらく時間を置くことで髪の見た目の美しさを保ちながら、ダメージもある程度防げます。

リタッチ・カラーを2ヶ月スパンで交互に

ダメージケアとカラーを両立させたい場合は、リタッチ・カラーを2ヶ月ごとに交互に行うことがおすすめです。1ヶ月目にリタッチを行い、2ヶ月目にカラーを楽しむというペースで行ってみましょう。この方法は「プリン状態」を防ぐために最適です。ダメージを気にしながらもカラーリングを楽しみたい方にお試しいただきたい方法です。

白髪染めは2カ月スパンできれいに保てる

白髪が気になる場合、1カ月以上経つと目立つようになります。白髪染めをする場合は、2カ月に1回の頻度で染めることできれいな髪をキープできます。白髪染めも他のカラーリングと同様にリタッチすることで、髪全体を傷めずに済ませることができます。

パーマでの頻度は?かけるならカットに合わせるとベスト

基本は1.5~2カ月の頻度で調整

パーマでの頻度は?かけるならカットに合わせるとベスト 基本は1.5~2カ月の頻度で調整

パーマをかける場合は、カットと同じタイミングで行うと、1回の施術で理想の髪型を完成させることができます。ただし、パーマの持ち具合は個人の髪質によって異なるため、美容師と相談しながら調整しましょう。基本的には1.5~2カ月の頻度でのパーマがおすすめです。

自宅ケアで長持ちさせて頻度を下げることもできる

自宅ケアで長持ちさせて頻度を下げることもできる

定期的に美容院に行けない人やできるだけパーマを長持ちさせたい人は、ヘアケアでパーマをできるだけキープして頻度を下げることも可能です。パーマ用のシャンプーやトリートメント、スタイリング剤を使用することでパーマを長持ちさせましょう。

「ONCE(ワンス)」から新発売のオールインシャンプー「ONCE Hybrid Repair(ワンス ハイブリッド リペア)」は自宅ケアにおすすめ。

width='399'

スタイリストと共に作り上げ、技術と想いが凝縮された、トリートメントいらずの新感覚オールインシャンプー。

9種の補修成分を独自配合。うるおいを守りながら汚れだけを落とし、たった1本でサロントリートメント後のような仕上がりに導きます。

 

▼詳しくはこちら

 

ヘアカラーとパーマは同じ日にしないように注意

美容院でのヘアカラーとパーマは、同じ日に行うことは避けましょう。医薬部外品を使用するヘアカラーやパーマは、薬機法により同日施術が禁止されています。同時に行うと頭皮や髪へのダメージが大きくなり、色落ちやパーマの持ちも悪くなる可能性があります。カットと合わせて別の日に施術することで、より良い結果を得ることができます。

髪の悩み別!美容院に行く頻度

ダメージケアに!トリートメントは1カ月が目安

髪の悩み別!美容院に行く頻度 ダメージケアに!トリートメントは1カ月が目安

髪の状態によって異なりますが、一般的にはトリートメントは1カ月に1回のペースで行うことがおすすめです。トリートメントによって髪に必要な栄養や保湿を与え、なめらかで美しい髪を保つことができます。特に髪が長くなるほど、毛先はダメージを受けやすいので、ダメージが気になる方は定期的に美容院でトリートメントを受けましょう。

くせ毛がひどい場合は1~2カ月に1回

くせ毛がひどい場合は1~2カ月に1回

くせ毛が気になる方は、1~2カ月ごとに美容院でのカットがおすすめです。定期的なカットによってくせ毛を抑え、まとまりやすく扱いやすい髪型を実現できます。また、パーマをかけることでカットの頻度を減らし、スタイリングが簡単になる場合もあります。

傷んだ毛先をカット!伸ばしかけでも2~3カ月に1回整える

傷んだ毛先をカット!伸ばしかけでも2~3カ月に1回整える

髪を伸ばしている最中でも、2~3カ月に1回の美容院でのメンテナンスは重要です。傷んだ毛先を整えたり、髪のフォルムを整えたりすることでキレイな髪型をキープできます。髪を伸ばす過程で放置しておくとバランスが乱れてしまい、印象も悪くなります。

男女別!男性・女性それぞれ美容院にはどれくらいの頻度で行けば良い?

男性は3週間〜1ヶ月に1回がベスト

男性の場合、髪の長さに関係なく、美容院には3週間〜1ヶ月に1回程度通うのがベストです。ベリーショートの場合は髪の立ち上がりが気になる頃が適切ですし、ショートやミディアムの場合は前髪や襟足、ハチのボリュームが気になり始める頃が目安です。ロングヘアの場合も、毛先を整えるために1ヶ月に1回がおすすめです。 

パーマやカラーをする場合も、カットと同じ頻度で施術すると良いでしょう。これにより、パーマやカラーの効果を長く楽しむことができます。 

女性はレングス次第で変わる

女性の場合、美容院への頻度は髪の長さやカラーやパーマの有無によって変わります。以下の目安で通うと良いでしょう。

  • ショート・ボブ:1〜1.5ヶ月
  • ミディアム・セミロング:2〜3ヶ月
  • ロング:3〜4ヶ月
  • カラー:1.5ヶ月〜2ヶ月
  • パーマ:1.5ヶ月〜2ヶ月

女性は男性よりも長い期間スタイルを楽しむことができますが、ダメージケアも重要です。髪のダメージが気になる場合は、メンテナンスのために美容室へ行くことを考慮することもおすすめです。

美容院に行く頻度を見極めてベストなタイミングで行こう!

ヘアスタイルを理想的な状態でキープするためには、適切な頻度でカット、カラーリング、パーマなどのケアを行うことが重要です。レングスやカラーの種類によっても異なるため、自身に最適なタイミングを把握しておきましょう。

おうちでのヘアケアで土台を整えよう!

オーバードライで髪が乾燥してしまうと、パーマやカラーのモチが悪くなります。オイルなどのアウトバストリートメントをつけて正しく乾かし、水分を保つことも大切ですよ。
ドライヤーでの正しい乾かし方を、動画で詳しくご紹介します!

 

 

髪の土台を整えるオイルはこちら♪

 

width='399'

ONCEはくせやうねり、ぱさつき改善に特化したヘアケアアイテム。トレンド感のある質感を再現できるスタイリング性能と、高い保湿効果と内部補修によるヘアケア性能の両方を兼ね備えているので、アウトバストリートメントとしてもスタイリング剤としてもご利用頂けます!

▼ONCEをもっと見る

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事