ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.08.28

314

ヘアケア・スタイリングに◎1つは持っておきたいおすすめのヘアオイル

髪に潤いを与え、紫外線や熱などのダメージから髪を守ってくれるヘアオイルは、ヘアケアにはかかせないアイテムです。今回は、ヘアケアとしてもスタイリングとしても使えるヘアオイルを紹介します。

1つは持っておきたいヘアオイル

ヘアケアとしても

熱や紫外線などの外部刺激でダメージを受けた髪は、キューティクルが開いてしまいます。
ヘアオイルはキューティクルを覆ってパサつきを抑えたり、潤いを持続させたりといった効果が期待できます。

 

スタイリング剤としても

重みのある質感のオイルは、髪のボリュームを抑えたりウェット感を出したりと、スタイリング剤としても活用できます。毛先までしっかりまとまり、髪の束感を出しやすいですよ。

 

持ち歩いて日中のケアにも

しっかりスタイリングしていても、空気が乾燥している場所や、雨などで湿気が多い日は髪がパサついたり、広がったりしがちです。日中用のヘアオイルなら、気になった時に素早く直せるのが魅力ですね。

 

おすすめのヘアオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル

オイルの質感はサラサラと軽いですが、しっかりと濡れオーガニックなので髪はもちろん、頭皮や肌にも使えます。潤いのある質感を再現してくれます。

 

BOTANIST ボタニスト ボタニカルヘアオイル エアリースムース

BOTANIST ボタニスト ボタニカルヘアオイル エアリースムース

オイルの質感は軽めながらも、髪の内側に水分を閉じ込めて乾燥から守ってくれます。使用量は、ショートでは0.5プッシュ、ミディアムでは0.5から1プッシュ、ロングでは1から1.5プッシュです。

 

モルトベーネ ロレッタ ベースケアオイル ヘアトリートメント

モルトベーネ ロレッタ ベースケアオイル ヘアトリートメント

サラサラとした軽い質感で髪にツヤと潤いを与えてくれ、使用後も手にベタ突きを残しません。使用した時にローズの香りがほのかに広がり、パッケージも可愛らしいので持ち運びやすいのも魅力ですね。

 

お気に入りのヘアオイルを見つけよう

ヘアオイルには、サラサラとした仕上がりになる植物性、しっかり潤う動物性、ツヤ感を出しやすい鉱物性があります。それぞれ特徴がありますので、自分に合ったヘアオイルを見つけてくださいね。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧