HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアカラー

セルフインナーカラーのやり方講座!おしゃれなヘアに自分でチャレンジ

おしゃれのポイントとして髪を飾ってくれるインナーカラー。おしゃれ女子にも人気のヘアデザインですが、実はセルフでもできちゃうんです。今回は、失敗しないインナーカラーのコツやポイントなどのやり方をご紹介していきます。

インナーカラーの魅力とポイント

インナーカラーってどんなもの?

インナーカラーとは、内側の髪の一部をカラーリングするデザインカラーのこと。ヘアスタイルにワンポイントのアクセントや立体感を与えられ、内側の髪なので少しムラになっても目立たない「カラーリング初心者」にもおすすめのデザインです。

チラ見せカラーでおしゃれ上級者になれる

通常は表面の髪に隠れていて目立たないので普通のカラーのように見えますが、耳かけアレンジや風になびいたときのチラ見せでおしゃれさをアピールできます。部分カラーなので暗めでも印象に残りやすく、おしゃれ上級者の定番テクになっています。

個性的・奇抜なカラーでもチャレンジしやすい

髪全体を派手なカラーにするには抵抗を感じてしまいますが、インナーカラーは目立ちにくい部分な上に隠せるので個性的で奇抜なカラーでもチャレンジしやすいです。ビビッドカラーやメインカラーの反対色を入れる人も少なくありません。

セルフインナーカラーは色々な人におすすめ

職場や学校などでヘアカラーに制限がある人でも、トーンを調整すればさりげないおしゃれで髪を飾れます。まとめ髪にすればインナーカラーが顔を出すので、平日は隠して休日はアレンジでデザインを楽しむことも可能。誰でも気軽に楽しめますよ。

【やり方】好みの色のインナーカラーならブリーチで!

①インナーカラーを入れたい箇所をブロッキング

明るめや発色のよいカラーを入れたい人はブリーチ剤を使ってからカラーを入れるのがおすすめ。まずはヘアピンなどでブロッキングをします。ブリーチ剤は刺激が強いので、顔についても大丈夫なように保護クリームを塗って肌トラブルを防ぎましょう。

②ブリーチ剤を塗ってなじませる

次に髪の根元から2~3cm下を目安にブリーチ剤を塗っていきます。合わせ鏡などを使ってしっかり塗れているかどうかをチェックし、ラップを巻いてなじむまで放置します。説明書の放置時間を確認し、放置しすぎないように注意しましょう。

③シャンプーをしてしっかり乾かす

時間が経ったらシャンプーで洗い流します。ブロッキングを外すと他の箇所にブリーチ剤がついてしまうので「ブロッキングしたまま」シャンプーしましょう。また、ヘアカラーは乾いた髪のほうがきれいに色味が入りやすいので、しっかりと乾かしておきましょう。

④ヘアカラーを入れてトリートメントでケア

カラー剤を髪に塗ってラップをし、説明書の放置時間を厳守してなじませます。ラップをすることで頭皮の熱(体温)で薬剤の反応をよくすることができ、色なじみがよくなります。カラー剤を洗い流したら必ずトリートメントでケアしましょう。

【やり方】ブリーチなしのインナーカラーはカラーバター

①インナーカラーを入れたい箇所をブロッキング

カラーバターは染髪&トリートメントができるので、ダメージが気になる人におすすめ。色落ちしやすいですが、色を混ぜてオリジナルカラーがつくれる上にムラなく染められるので初心者から上級者まで使いこなせます。ブリーチ時と同様にまずはブロッキングから。

②インナーカラーを入れる部分を濡らしてカラーリング

カラーを入れる部分の髪を水滴が落ちない程度に湿らせ、髪の根元から2~3cm下を目安にカラーリングしていきます。濡らすことでカラーバターが伸びやすくなり、ムラなくきれいに塗ることができます。トリートメントも兼ねているのでたっぷり塗りましょう。

③放置して髪にカラーをなじませる

ラップを巻いて放置し、髪に色をなじませていきます。時間を置きすぎても特に問題はないので、色が髪に入ったかを確認しつつ時間を調整しましょう。目安は15分~20分で、ドライヤーで温めると色が入りやすくてトリートメント効果もアップします。

④カラーバターを洗い流して完成

髪に色が入っているのを確認したら、洗い流してカラーリング完了です。カラーバターはトリートメントそのものなので、シャンプーやアフタートリートメント、コンディショナーなどは必要ありません。気になる人はシャンプーしてもOKです。

セルフインナーカラーを失敗しないポイント

インナーカラーを入れる場所に注意する

入れる場所で見え方や見せ方が変わってきます。サイドはアクセントやチラ見せで活躍し、バックはハイライトのようなこなれな印象に。また、細く入れるか広めに入れるかでもニュアンスが大きく変わるので事前にチェックしましょう。隠すなら隠れる場所かの確認も重要。

ブロッキングは丁寧にしっかりと行う

ブロッキングはインナーカラーの仕上がりを左右する大事なプロセスです。カラーリングする髪の量を調整したり、作業をやりやすくしてきれいな仕上がりを叶える役割があります。また、髪がバラけると余計な箇所に被害が出るので、ブロッキングは丁寧にしっかりと行いましょう。

髪の根元はぼかしたカラーリングを心がける

カラーが入っている境界がはっきりしていると、不自然な仕上がりになってしまうこともあります。カラーリングの境界部分である髪の根元から2~3cmは指を使ってぼかすようになじませるとグラデーション効果が加わりナチュラルな仕上がりにできます。

レングス別インナーカラーデザインチェック

耳周りでさりげないおしゃれのショートボブ

ショートやボブは耳まわりやサイドにインナーカラーを入れるのがおすすめです。短めのレングスは隠しにくいこともあり、チラ見せやワンポイントのアクセントとしてヘアデザインに組み込むとおしゃれにキマります。

フェミニン&クールなおしゃれミディアム

フェミニンで大人の女性に人気のミディアムスタイルには、ゴージャスなインナーカラーで大人美人なデザインが魅力的。ウェーブヘアと合わせるならサイドやバックに入れるとハイライト感やコントラスト差がでておしゃれです。

立体的でエレガントさアップのロング

ロングヘアはゆるふわな巻き髪やゆるウェーブをヘアアレンジに取り入れることが多いので、特におすすめの場所はサイドです。いつもの巻き髪に立体感とデザイン性が加わり、エレガントで美しい巻き髪に仕上がります。

やり方は難しくない!インナーカラーはセルフで楽しもう

インナーカラーはやり方さえ確認しておけば誰で楽しめるので超おすすめ。自分でやるからこそ愛着のあるお気に入りヘアになりますよ。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアカラーに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアカラーに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧