ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.21

974

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

髪がパサパサ・ゴワゴワしていると憂鬱で嫌な気分になりますよね。 お風呂上がりのドライヤーのちょっとしたかけ方次第で、あなたもサラツヤの美髪になれるんですよ♡しかも、試してみると効果がすぐに実感できちゃいます! 今回は髪の乾かし方次第で変わる、美髪に導くための4ステップをご紹介します。

しっかりタオルドライ

放置は絶対ダメ!

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

キューティクルが開いた状態の濡れた髪をそのまま放置するのは、さけましょう。濡れた状態だと、髪が危険にさらされつづけていることになるので、シャンプー後は早く髪を乾かすようにしましょう。

水けを絞ってから

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

まずはシャンプー後に、ある程度髪を絞って、水分を落としてからタオルドライをするようにしましょう。タオルドライをする手間が、ぐんと軽減されますよ。

しっかりタオルドライ

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

髪の毛をタオルで挟んで、軽く叩くようにしましょう。デリケートな濡れた髪を激しくこすりつけたりするのは、やめてくださいね。できるだけたくさんの水分を吸い取っておくと、ドライヤーの時間も短縮できますよ。

次はトリートメントを

洗い流さないトリートメントで

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

ドライヤー前に、洗い流さないトリートメントを塗りましょう。ドライヤーの熱から髪を守ってくれるだけではなく、パサつきも抑えてくれますよ。カラーやパーマの持ちがよくなるという、嬉しい効果も。

つけ方は?

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

髪が広がりやすい人は髪全体に、ぺちゃんこ髪の人は毛先を中心につけます。手にとったトリートメントは、一旦手のひらで伸ばしてから、髪につけるようにしましょう。ムラなく、きれいに塗れますよ。

ドライヤーで乾かす

ドライヤーの注意点

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

ドライヤーを髪にあてるときは、20センチ程度離しましょう。あまり近いと、髪に必要な水分まで奪ったり、頭皮が火傷してしまったりします。一カ所に長く集中して、熱風をあてないようにも気を付けてくださいね。

根元を目がけて

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

根元から、髪の毛を手で持ち上げるようにして、ドライヤーをかけていきましょう。早く乾かしたいからと言って、バサバサ髪を手で振りながら乾かすのはダメです。摩擦で髪が傷んでしまいますよ。

毛先は?

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

毛先は乾燥しやすいので、直接ドライヤーをあてるとパサつきの原因になまります。毛先は、ピンポイントでドライヤーをあてなくても、根元を乾かしているときにあたる熱風で十分に乾かすことができますよ。

仕上げに

冷風をあてて

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

ほぼ髪が乾いたら、ドライヤーの仕上げに冷風をあてましょう。髪を乾かすだけでもツヤは出てきますが、このひと手間でキューティクルが引き締まって、さらにツヤのある髪を手に入れることができますよ。

最後にブラッシング

美髪へ導くための4ステップとは?パサパサ・ゴワゴワとおさらばしよう!

濡れた髪にブラッシングは、キューティクルを傷つける原因になるので、避けましょう。ただドライヤー後のブラッシングは、キューティクルを整えてくれます。仕上げのブラッシングで、サラツヤの髪が実現しますよ。

いかがでしたか?

髪を乾かすときに加える、ちょっとしたひと手間で、驚くほど髪にツヤが出ますよ。効果はすぐに実感できるので、パサパサ・ゴワゴワの髪で悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。翌朝のスタイリングもラクになるので、いい気分で1日が始まりそうですね。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧