更新日:2024.05.13
81886

シャンプーの頻度は何回が正解?回数多めは要注意なんです!

日常生活で臭いや汗が気になる時、頭から全身を洗って爽快な気分になりたいと思うことでしょう。最近では1日に2回以上も髪を洗う人が増えていますが、頻繁なシャンプーは頭皮や髪に負担を与えます。この記事では、高頻度のシャンプーが与える影響と対策について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1日2回のシャンプーは要注意!

洗いすぎがシャンプーの回数増加の原因になっている

洗いすぎがシャンプーの回数増加の原因になっている

頭皮のかゆみや脂が気になって、シャンプーの回数が増えている人は、実は洗いすぎが原因なのかもしれません。シャンプーの回数が多いと、皮脂不足による頭皮乾燥、急いで洗うことによる洗い残し、すすぎ残しにつながります。また皮脂不足を補おうと過剰に脂を分泌して、逆にオイリーになってしまう人も。

 

頭皮の皮脂や角質は大切なバリア

頭皮の皮脂や角質は大切なバリア

シャンプーのしすぎは、頭皮を保護している皮脂や角質を必要以上に奪うことになります。乾燥によるフケやかゆみの原因になったり、皮脂が過剰に分泌されて炎症を起こしたりすることもあります。洗い流された頭皮の皮脂が元の量に戻るには3日程度かかるので、本来なら3日に1度くらいが理想的なのです。

 

女性は毎日シャンプーしなくても実はイイ!?

肌や髪が乾燥しやすい人はできるだけ回数を減らして

肌や髪が乾燥しやすい人はできるだけ回数を減らして

女性の場合、頭皮がオイリーという人は少なめ。逆に乾燥肌の人は頭皮もべたつきにくいので、洗いすぎで乾燥してしまう方が心配。周りの人が毎日洗っているからと言って、それに合わせる必要はありません。

 

湯シャンで十分きれいになります

湯シャンで十分きれいになります

汚れが少ないときは、シャンプー剤を使わずにお湯ですすぐだけにしましょう。予めブラッシンクで埃などの汚れを落としておくと、すすぐだけで十分。力を入れてゴシゴシ洗いすぎないのと、頭皮に優しい37~38℃くらいのぬるめのお湯で洗うのがポイントです。

 

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーを使って

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーを使って

アミノ酸系、スカルプ系などの優しいシャンプー剤を使って、頭皮や髪の毛の負担を減らしてあげましょう。

 

季節ごとに変わるシャンプーの回数

汗やべたつきが気にならない季節は回数を減らして

汗やべたつきが気にならない季節は回数を減らして

秋から春にかけては、汗をあまりかかない日もあると思います。習慣として1日に何度も洗うのではなく、汗やべたつきが気になるときだけ洗うようにしましょう。

 

シャンプーは2日に1回でいいことも

高頻度のシャンプーは抜け毛や薄毛の大敵

高頻度のシャンプーは抜け毛や薄毛の大敵

日本人がシャンプーをする平均頻度は、週に約4回。若い女性はほぼ毎日、30~40歳代は2日に1回、60歳代以上になると3日に1回程度の人が多いです。年齢が上がっていくにつれて頻度が下がるのは、もともとの習慣や、うねり、抜け毛、薄毛を避けるため、といった理由のようです。

 

昔の女性はそんなに洗っていなかった

昔の女性はそんなに洗っていなかった

遡ると、昭和30年代には週に1回、明治とき代には月に1~3回、平安とき代にはなんと年に1回程度だった、との文献があります。さすがに年に1回では、臭い対策も大変ですが、ツヤツヤの長い黒髪は美人の必須条件。髪の毛にとっては悪くなかったようです。

 

1日2回急いで洗うより2日1回丁寧に

1日2回急いで洗うより2日1回丁寧に

朝や昼間のシャンプーは、時間が無くて急いで洗い、高温のドライヤーで乾かすことになりがち。これでは、汚れが残ったり、シャンプー剤が残ったり、髪や頭皮が傷んだりすることになってしまいます。2日1回でも、丁寧に洗って、しっかりすすげば、臭いやかゆみが気になることも減ってくるでしょう。

 

頭皮や髪の毛を湿ったままにしないで

頭皮や髪の毛を湿ったままにしないで

頭皮が湿ったままだと、キューティクル破損はもちろん、雑菌繁殖の原因にもなり、シャンプーの回数が増えることになります。シャンプーの後にはできるだけ早く乾かしてしまいましょう。

 

シャンプーを使う回数は少ない方がベター

1日2回以上のシャンプーが習慣になっていると、回数をすぐに減らすのは抵抗があるかもしれませんね。まずは湯シャンに切り替えていき、かゆみや臭いが気にならなくなってきたら、頭皮と髪の毛の健康のために、徐々に回数を減らしてあげましょう。

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事