更新日:2023.09.13
15360

解説!デジタルパーマにかかる時間とカラーの関係

好みのカールをしっかりと再現してくれるデジタルパーマ。やってみたい気持ちはあるけれど、実際にどのくらいの時間がかかるの?カラーはどうやるの?…今さら聞けない疑問をズバリ解説します。参考にしてくださいね♡

デジタルパーマってどんなパーマ?

一般のパーマとデジタルパーマの違い

デジタルパーマは、一般的なパーマとは異なり、よりしっかりとしたウェーブを実現します。その最大の特長は、そのウェーブが長持ちすることです。普通のパーマが時間とともにウェーブが緩んでしまうのに対し、デジタルパーマは長期間美しいカールを保ちます。これが、多くの人々に愛される理由の一つです♪

ダメージなし?デジタルパーマと温度

デジタルパーマのプロセスでは、髪に熱を加えてパーマを形成します。しかし、心配しないでください。温度管理は非常に重要で、専門家が正確な温度を調整して髪に適切な熱を与えます。このことにより、髪へのダメージは最小限に抑えられ、美しいパーマを楽しむことができます。つまり、デジタルパーマはダメージを気にせずに髪をスタイリッシュに変える素晴らしい選択肢なのです◎。

2液も必要?デジタルパーマの素朴な疑問

デジタルパーマについて素朴な疑問があるかもしれませんが、他のパーマと同様に、2液を使用します。この2液は、髪のダメージを軽減し、切れ毛を防ぐのに役立ちます。つまり、デジタルパーマでも髪の健康を守りながら美しいウェーブを手に入れることができるのです。これらのポイントを心に留めて、デジタルパーマの魅力を探求してみてください☆

人気のデジタルパーマ♡どのくらい時間がかかる?

施術の仕方で変わるデジタルパーマの時間

デジタルパーマの施術時間は、お店やスタイリストによって異なります。一般的なパーマと比べて、少し時間がかかることがありますが、その理由は、デジタルパーマが髪により繊細なカールを作り出すため、細かい作業と時間が必要だからです。施術の仕方や技術にも違いがあり、スタイリストのスキルによっても時間は変わることがあります。予約前にお店に確認して、時間の見積もりを受けることをおすすめします。

髪質とデジタルパーマにかかる加熱と時間

髪の質感もデジタルパーマにかかる時間に影響を与えます。細い髪質の人と太い髪質の人では、デジタルパーマの加熱と保持に必要な時間が異なります。細い髪は熱を速く吸収し、パーマが定着しやすい傾向がありますが、太い髪は熱を浸透させるのに時間がかかることがあります。スタイリストは髪質を考慮して、最適な施術時間を調整してくれるでしょう。

デジタルパーマが定着するまでにかかる時間

デジタルパーマの施術時間は、シャンプーとカットを含めて考えると、一般的に約2時間から3時間ほどかかります。デジタルパーマは長持ちする特徴があり、美しいカールを維持するために時間をかける価値があります。また、スタイリストの指示に従って、正しいケアをすることで、デジタルパーマの効果を最大限に楽しむことができます。

デジタルパーマは時間と手間をかける価値のあるヘアスタイルの一つです。自分の髪質や希望するスタイルに合わせて、スタイリストと相談し、美しいウェーブを手に入れましょう。

デジタルパーマ✖カットの注意点は?

デジタルパーマとカットの組み合わせは、魅力的なヘアスタイルを手に入れるために人気ですが、注意が必要なポイントも存在します。特に、細い髪質の方や髪の量が多い方、くせ毛の方など、個々の髪質に応じて注意が必要です。

前もって注意して!細い髪質の人の注意点

細い髪質の方は、デジタルパーマが髪に過度にかかり、ウェーブが強調されすぎることがあります。これを防ぐために、美容師さんとの事前相談が非常に重要です。適切なカールの大きさやデジタルパーマの強度を調整することで、理想的なスタイルを実現できます。信頼性のある美容師とコミュニケーションを取りながら、髪の状態に合ったデジタルパーマを選びましょう。

髪量多い人は施術前に美容師さんに要相談!

髪の量が多い方は、デジタルパーマをかける前に、髪をカットしたり、軽くすいたりすることを検討すると良いです。これにより、髪にかかる負担が軽減され、髪に対するダメージが最小限に抑えられます。美容師と相談して、髪の状態を整えながらデジタルパーマを受けることで、美しいカールを持続的に楽しむことができます。

くせ毛さんもOK!デジタルパーマ×カット

天然のくせ毛やくせの強い髪質の方でも、デジタルパーマは素晴らしい選択肢です。デジタルパーマをかけることで、くせを活かし、自然なウェーブを持つヘアスタイルを手に入れることができます。美容師と協力して、くせ毛をより魅力的に引き立てるスタイルを見つけましょう。デジタルパーマとカットの組み合わせは、多くの髪質に適しており、魅力的なルックスを実現するのに役立ちます♡。

デジタルパーマ✖カラーは同時にOK?

デジタルパーマとヘアカラーは、個々の髪型やスタイルにアクセントを加えるために人気のある選択肢ですが、これらを同時に施術することは可能なのでしょうか?気になる注意点をご紹介します。

デジタルパーマにカラーをプラス♡注意点は?

デジタルパーマとヘアカラーを同時に受けることができるサロンも存在します。通常、デジタルパーマのプロセスにおいて、2液を髪に塗布する際にカラーも同時に行うことができます。これは便利なオプションで、時間を節約できるうえ、髪を一度の施術で新しくスタイリングし直すことができる魅力があります。ただし、すべてのサロンでこのオプションが提供されているわけではないため、予約前に調査を行い、希望のサロンが提供しているかどうかを確認しましょう。また、カラーとデジタルパーマの相性を美容師と相談することもおすすめです。

デジタルパーマとカラーにかかる時間

デジタルパーマとヘアカラーを同時に行う場合、通常はカラーに追加の時間がかかります。デジタルパーマがカールを形成するのに時間がかかる一方、カラーは髪の色を変えるためのプロセスを含みます。カラーの時間は通常、デジタルパーマの時間にプラス約1時間ほどです。ただし、これはサロンや施術内容によって異なる場合があります。同じ日にデジタルパーマとヘアカラーを希望する場合、事前にサロンに確認し、スケジュールを調整する必要があります。一部のサロンでは、同時施術が難しい場合もあるため、注意が必要です。

デジタルパーマとヘアカラーは、個人のスタイルや好みに合わせて自分らしいヘアルックスを楽しむための素晴らしいオプションです。同時施術が可能かどうかを確認し、美しい髪を手に入れましょう。 

デジタルパーマのおすすめスタイル♡

デジタルパーマは多くの魅力的なスタイルを実現するためのヘアスタイリング方法として、人気急上昇中です。ここでは、デジタルパーマを活かしたおすすめのヘアスタイルをご紹介します。

ウェーブがくっきり♡ショートボブにおすすめ

ショートボブスタイルにデジタルパーマを取り入れると、ウェーブがくっきりと際立ち、コンサバ系の愛されボブヘアが完成します。デジタルパーマの魔法で髪が広がりにくく、自然なウェーブが持続します。シンプルでありながら個性的なスタイルを楽しみたい方におすすめです。

色っぽ♡大人女性のミディアムデジタルパーマヘア

ミディアムヘアにデジタルパーマを取り入れると、大人の女性らしい色っぽさが漂う魅力的なヘアスタイルが完成します。アンニュイな雰囲気を醸し出し、今っぽさをアピールできます。デジタルパーマで、自信を持って自分らしい髪型を楽しみましょう。

時短でまとまる♪ロングの味方デジタルパーマ

ロングヘアの方にもデジタルパーマはおすすめです。デジタルパーマはウェーブを記憶する性質があり、忙しい朝でも髪がまとまりやすくなります。自然なカールがロングヘアに動きと魅力をプラスし、お手入れが簡単な愛されヘアスタイルを実現します。

ロングでつくるまとまりやすい愛されヘア♡

ロングヘアのエレガントな毛先も、デジタルパーマを取り入れることでお手入れが楽々に。カールが美しく、まとまりやすい髪型を手に入れることができます。デジタルパーマは、ロングヘアをより魅力的に仕上げるための頼れるパートナーとなることでしょう。自分の魅力を最大限に引き立てるヘアスタイルを見つけましょう♡。

デジタルパーマで憧れヘアに挑戦!

デジタルパーマについての疑問が解消されましたか?デジタルパーマは、自分自身の魅力を引き立てるための素晴らしいヘアスタイルの一つです。料金や時間、髪へのダメージなどを美容師さんとよく相談しながら、自分にぴったりの魅力的なヘアスタイルを見つけましょう。デジタルパーマを取り入れることで、髪のお手入れも簡単になり、日常がより楽しくなること間違いありません。自信を持って、憧れのヘアに挑戦しましょう!

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事