更新日:2023.08.17
24961

チリチリ髪の毛はなぜできる?チリチリ髪の原因とおすすめの対策大特集

髪が元々美しかったはずなのに、いつの間にかチリチリになってしまう悩み、ご存知でしょうか?髪の毛がパサつく原因と、その予防策について、有益な情報をお伝えします。

髪の毛がチリチリになる原因って一体なに?

ブリーチやハイトーンカラーなどで髪の毛がチリチリになってしまう場合も

ブリーチやハイトーンカラーなどで髪の毛がチリチリになってしまう場合も

髪の色を美しく変えるためのカラーリングやブリーチは、欠かせないスタイリング方法ですが、髪の健康にはやや敵対的です。カラーリング剤やブリーチ剤にはアルカリ性の成分が含まれており、これが髪のタンパク質を傷つけてしまうことで、髪がパサパサでチリチリとした質感に変わることがあります。この過程では、髪の内部の水分や栄養も失われるため、適切なケアが重要です。

ストレートパーマで髪の毛がチリチリになってしまう場合も

ストレートパーマで髪の毛がチリチリになってしまう場合も

くせ毛やウェーブを伸ばして、ストレートな髪にしたいという願望から、ストレートパーマを受ける方も多いでしょう。しかし、パーマ液に含まれるアルカリ成分は髪のキューティクルを開き、髪の内部の結合を変化させます。これによって髪の毛は一時的にストレートになりますが、同時に髪が傷つきやすくなり、パサパサ感が生じることもあります。しっかりとしたアフターケアを心掛けることが大切です。

髪の毛がダメージを受けすぎてチリチリになってしまう場合も

髪の毛がダメージを受けすぎてチリチリになってしまう場合も

美しいヘアスタイルを作り上げるために、カラーリングやヘアアイロン、ヘアドライヤーなどを使用することは一般的です。しかし、これらの過程で髪は熱や化学物質に晒され、ダメージを受ける可能性があります。特に過度な使用や適切なヒートプロテクト剤の不足は、髪の保護機能を低下させ、髪がパサパサでチリチリとした状態になる要因となります。日常的なケアと定期的なトリートメントを取り入れて、髪の健康を保ちましょう。

毛穴の汚れが原因で髪の毛がチリチリに見えてしまう場合も

毛穴の汚れが原因で髪の毛がチリチリに見えてしまう場合も

髪がパサパサして見える原因は、カラーリングやスタイリングだけに限らず、頭皮の状態にも関係しています。頭皮の毛穴が詰まることで、髪に必要な栄養や保湿が行き渡りにくくなります。洗髪不足や適切な頭皮ケアの欠如によって、毛穴の汚れや余分な皮脂が髪をコーティングし、パサパサとした外観を引き起こすことがあります。適度な洗髪と頭皮マッサージで、髪と頭皮の健康をサポートしましょう。

強いアルカリ性は髪の毛をチリチリにしてしまう原因となる

強いアルカリ性は髪の毛をチリチリにしてしまう原因となる

髪を美しく変えるためのアルカリ性のヘアカラー剤やブリーチ液、パーマ液は、その高い脱色・染色効果によって人気です。しかし、これらの製品に含まれる強いアルカリ成分は、髪のタンパク質構造を傷つける一方で、髪の水分や栄養を奪ってしまいます。その結果、髪がパサパサでチリチリとした質感になることがあります。過度な使用は避け、適切なトリートメントやオイルで補強しながら、美しい髪を保つことが大切です。

自宅でできる髪の毛のチリチリ改善方法とは?

チリチリ改善に効果が期待できるシャンプーを使おう

チリチリ改善に効果が期待できるシャンプーを使おう

髪の健康を保ちつつチリチリを解消するには、コミカド系成分が含まれたシャンプーが助けになるでしょう。これらの成分は、過剰な皮脂を取り去りすぎず、髪に必要な保湿を残してくれます。日常のヘアケアに取り入れてみてください。シャンプーの選択が、チリチリを改善する第一歩と言えるでしょう。

洗浄力が強すぎるシャンプーはチリチリの原因になる場合もあるから気をつけよう

洗浄力が強すぎるシャンプーはチリチリの原因になる場合もあるから気をつけよう

チリチリ髪を改善しようとする際、洗浄力の強いシャンプーは避けるべきです。特にラウレス硫酸を含むシャンプーは洗浄力が強すぎて、髪の天然オイルまで取り去ってしまうことがあり、逆にパサつきを引き起こす可能性があります。洗髪の際は、髪や頭皮に優しくマッサージすることで、汚れを落としつつも必要な保湿を保ちましょう。また、シャンプーの選択だけでなく、洗髪の頻度にも注意を払うことが大切です。過度な洗浄は逆効果となり、髪のバリア機能を崩す可能性があります。

チリチリ改善に効果が期待できるトリートメントを使おう

チリチリ改善に効果が期待できるトリートメントを使おう

髪のチリチリを改善するためには、保湿効果の高いトリートメントを選びましょう。ヒアルロン酸などの成分が髪に潤いを与え、パサつきを軽減してくれます。シャンプー後のトリートメントを丁寧に行うことで、しっとりとした髪を取り戻せます。トリートメントを選ぶ際には、自分の髪の状態や悩みに合わせて選ぶことが大切です。また、週に一度程度の深いトリートメントやヘアマスクを取り入れることで、髪に潤いを閉じ込める効果を高めることができます。

髪の毛や頭皮は優しく洗おう

髪の毛や頭皮は優しく洗おう

髪や頭皮を洗う際は、優しさを忘れずに。力強くこすると、髪や頭皮に余分な刺激を与えてしまい、チリチリを悪化させることがあります。シャンプーの際には指の腹でマッサージすることで、刺激を最小限に抑えながら洗い流すことを心掛けましょう。優しい洗い方が健やかな髪へと導きます。また、洗髪後はタオルで優しく水分を取り、強く擦らないようにしましょう。湿った状態では髪がもっともデリケートな状態なため、丁寧なケアが必要です。

ヘアアイロンを使うときはできるだけ短い時間にしよう

ヘアアイロンを使うときはできるだけ短い時間にしよう

ヘアアイロンを使用する際は、時間に気をつけましょう。長時間アイロンを当ててしまうと、髪が過熱しパサつきを助長します。適切な温度とできるだけ短い時間でアレンジすることで、髪のダメージを最小限に抑えられます。ヒートプロテクト剤を使用してからアイロンをかけることもお忘れなく。大切な髪を守りながらスタイリングしましょう。ヘアアイロンを使う前に、髪に保湿効果のあるスプレーやセラムをつけることで、熱からのダメージを軽減することができます。アイロンの温度設定にも気を付け、髪の状態に合わせて使い分けることが重要です。

サロンでできる髪の毛のチリチリ改善方法とは?

サロンでの縮毛矯正は適切な期間をおくようにしよう

サロンでの縮毛矯正は適切な期間をおくようにしよう

髪がチリチリしていると気になりますが、頻繁に縮毛矯正をすることは注意が必要です。過度な熱や化学薬品は髪に負担をかけ、逆にダメージを深めることも。サロンでの縮毛矯正は、適切な期間を空けることで髪の健康を守りつつ、チリチリを改善する一つの方法です。美しい髪を手に入れるために、ゆっくりとしたスケジュールで施術を受けましょう。

チリチリ改善に効果が期待できるトリートメントを定期的に受けよう

チリチリ改善に効果が期待できるトリートメントを定期的に受けよう

サロンでのトリートメントは、ホームケアでは難しいケアを行うチャンスです。特に頑固なチリチリに悩む場合、専門家の手によるトリートメントは効果的です。髪の内部から補修し、しっとりとしたヘアを取り戻すための方法です。サロンならではのプロのテクニックとケアアイテムを活用し、髪の質感を改善しましょう。定期的なトリートメントで、チリチリから解放された美しい髪を手に入れましょう。

ブリーチなしでできるカラーリングを選ぼう

ブリーチなしでできるカラーリングを選ぼう

髪に透明感やツヤを与えるカラーリングを検討する際、ブリーチを使用しない方法を選ぶことをおすすめします。ブリーチは髪にダメージを与える要因の一つであり、チリチリ髪を助長する可能性があります。しかし、ブリーチを使わないカラーリングでも、魅力的なスタイルを楽しむことができます。ヘアカラーの選択肢を探る中で、髪の健康を守りながら魅力的なルックスを手に入れましょう。

自宅でできる髪の毛のチリチリ予防方法とは?

ドライヤーを髪の毛に近づけすぎないように気をつけよう

ドライヤーを髪の毛に近づけすぎないように気をつけよう

髪を乾かす際、ドライヤーを近づけ過ぎないように心がけましょう。急いで乾かすつもりでも、高温の風や熱は髪の水分を奪い、パサつきやチリチリの原因になります。適度な距離を保ち、冷風モードを使用することで、髪の健康を保ちながら乾かしましょう。自然乾燥の機会も活用することで、髪に余計な負担をかけずに済ませることができます。

ヘアアレンジ前にアウトバストリートメントを使って髪を保護しよう

ヘアアレンジ前にアウトバストリートメントを使って髪を保護しよう

ヘアスタイリングツールを使用する前に、アウトバストリートメントを活用して髪を保護しましょう。熱や摩擦から髪を守るためのバリアを作り、チリチリを予防します。適量を手に取り、髪全体になじませることで、ヘアアレンジによるダメージを最小限に抑えることができます。スタイリングが終わったら、トリートメントを使用して髪に潤いを与えましょう。健やかな髪を維持するために、前もってのケアが大切です。

ブラッシングで髪にダメージを与えないように気をつけよう

ブラッシングで髪にダメージを与えないように気をつけよう

髪を梳かす際は、優しさを心がけましょう。無理な引っ張りやこすりは、髪にダメージを与え、チリチリを招く原因となります。適切なブラシやコームを選び、毛先から根元に向かって梳かすことで、絡まりを解きながら髪を傷めずに整えることができます。湿った髪を梳かす際は、特に慎重に行いましょう。毛髪の健康を守るために、やさしいアプローチを心掛けましょう。

髪の毛チリチリ予防におすすめ!毎日のヘアケアで使いたいアイテム

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 高浸透「ナノイー」搭載 ピンクゴールド EH-NA0B-PN

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 高浸透「ナノイー」搭載 ピンクゴールド EH-NA0B-PN

髪をドライヤーで乾かす際、パナソニックのヘアドライヤー ナノケアは一押しのアイテムです。特に「ナノイー」機能は、微細な水分をしっかりとキャッチして髪に潤いを与え、チリチリを予防します。高温の風と乾燥から守りながら、髪を健やかに整える頼もしい味方。使いやすいデザインとピンクゴールドのカラーリングは、毎日のヘアケアを楽しく演出します。

KIPOZI ヘアアイロン2way ストレートカール 両用 高性能 男女兼用 海外対応 プロ仕様25mm 130-230℃

KIPOZI ヘアアイロン2way ストレートカール 両用 高性能 男女兼用 海外対応 プロ仕様25mm 130-230℃

髪をスタイリングするには、KIPOZIのヘアアイロン2wayが頼もしい相棒です。25mmの幅広いプレートと130〜230℃の温度設定が、さまざまなヘアスタイルに対応。髪の毛に適切な温度でスタイリングを施すことで、ダメージを最小限に抑えながらチリチリを防ぎます。男女兼用であり、海外でも使用できるので、旅行や出張にも重宝します。美しいヘアスタイルを手に入れつつ、髪を健康に保つためにおすすめのアイテムです。

髪の毛チリチリを改善してヘアアレンジを楽しもう!

髪がチリチリだと、望んだヘアスタイルを楽しむのが難しくなります。しかし、自宅ケアとサロンケアのバランスを取ることで、髪の健康を取り戻すことができます。日常のヘアケアには適切なシャンプーやトリートメント、ヒートケア用品を活用し、ドライヤーやヘアアイロンの使用にも気を付けましょう。さらに、サロンでの縮毛矯正やトリートメント、カラーリングを上手に取り入れることで、専門家の手によるケアも受けることができます。丁寧なケアを通じて、チリチリ髪から解放され、美しい髪を手に入れましょう。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事