ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.06.25

301

【梅雨のお悩み】髪のボリュームやうねりを抑えていつでも美髪

梅雨の時期、髪のうねりやくせが気になりますよね。そこで今回は髪をまっすぐサラサラにさせる方法についてLano by HAIR(ラノバイヘアー)北村 亮(キタムラ リョウ)さんにお聞きしました。梅雨に負けないサラサラストレートを手に入れましょう♪

梅雨に負けない髪のつくり方

トリートメント

(北村さんコメント)
正しいトリートメント方法で髪を洗うだけでも、くせ毛は改善できます。 まず、髪の毛をいつものようにシャンプーします。 シャンプー後、洗い流さないトリートメントを毛先から髪全体に塗布します。 このとき、手ぐしでトリートメントを揉み込むのがポイントです。
塗布し終わったら、両手で髪を挟んでトリートメントの成分を髪によくなじませます。 その後、髪の毛を大きく3〜4つの束に分け、1束ずつ両手で握り、髪のさらに内部にまでトリートメントを浸透させます。 最後に、目の粗いコームで髪全体をとかしましょう。

 

ドライヤーのかけ方でストレートに

(北村さんコメント)
くせ毛の人は根元からしっかりと乾かすことがポイントです。 まず、タオルドライで髪の水分を取り除いてから、毛先から髪の中心部分を丸めて、オイルミストを噴霧し、オイルを髪によく浸透させます。 そして、前髪を片手の指先を使って根元のクセを取りながら乾かします。
前髪が乾いたら、片手で髪を持ち上げて根元を下からドライヤーします。その後、毛先を乾かしましょう。 このとき、毛先の下から風を当てると毛先が広がってしまうので、毛先の下からは風を当てないように気を付けてください。

 

縮毛矯正

(北村さんコメント)
梅雨のようなくせ毛がいつもよりも気になる季節には、縮毛矯正がおすすめです。 縮毛矯正はくせ毛をストレートヘアにしてくれるだけではなく、乾燥がちなくせ毛の水分を保持してくれる機能もあります。
縮毛矯正の頻度はクセの強さや髪質により異なるので、1度かければ1年間ストレートヘアを維持できる人もいれば、数ヶ月毎にかける人もいます。
また、縮毛矯正は必ずしも髪全体にかけなければならないというものではありません。 前髪や毛先だけなど、気になる部分にだけかけることも可能です。

 

アイロンでまっすぐに

(北村さんコメント)
クセなどのうねりがストレートになるだけで、広がりがなくなり量も気にならなくなるのでこの悩みがある人はストレートアイロンを試してください。

 

髪質改善トリートメント

(北村さんコメント)
髪質改善トリートメントは縮毛矯正ではないので、ストレートになるわけではありません。収まりが良くなる、という感じです。ただツヤ感やまとまりは、いままでのケア商材では出来なかった髪質改善が出来ます。それを繰り返すことにより、格段に扱いやすい髪になります。

 

梅雨にも負けないサラサラ髪に

今回、記事にご協力いただいた美容師さんは↓コチラ↓

■スタイリスト歴:10年

■北村 亮さんの強み
☑赤みを抑えた外国人風カラー
☑ブリーチを使った特殊カラー
☑一人一人に似合わせた小顔に見せるカット
☑目が大きく見える前髪カット

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧