ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.06.22

2689

白髪を黒髪に回復させることは可能?白髪になる原因と対策方法を伝授!

加齢とともに増えていく白髪。黒髪に回復する方法や、白髪が生えないようにする方法はあるのでしょうか?白髪になる原因やメカニズムを知ることで、白髪を増やさないための習慣を身につけることは可能です。今回は、白髪ができる主な原因と有効な予防策について解説します。

白髪ができる要因5つ

遺伝

白髪になる要因のひとつとして、両親からの遺伝が考えられます。
メラニン色素が生成されにくい遺伝子や成長ホルモンの分泌量が少ない遺伝子は、白髪が生えやすくなると言われています。それらの遺伝子が受け継がれることで、白髪になりやすくなるのです。

 

加齢

加齢によって白髪が増える理由は、メラノサイトというメラニン生成細胞の働きが弱くなっていくからです。
ヘアサイクルで髪が抜け落ちるとき、メラノサイトも失われます。若いうちは髪が生える際にメラノサイトも再生しますが、歳を重ねるほどに再生しにくくなるのです。そうしてメラニンの生成量が減っていった結果、白髪が生えてしまうことになります。

 

ストレス

ストレスで血管が収縮することで血行不良になり、髪の成長や白髪の抑制に必要な栄養素が頭皮の細胞に届きにくくなります。
また、ストレスによって交感神経が優位になると皮脂の分泌が活発になり、酸化した多量の皮脂がメラノサイトの働きを抑制するため、白髪の生成に繋がってしまいます。

 

生活環境

食事のバランスや睡眠など、生活環境も影響します。メラノサイトの働きを正常にするには、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素が不可欠です。
また、睡眠中に分泌されるメラトニンには細胞を正常化する働きもあるため、しっかり寝ることは白髪の抑制に繋がります。

 

頭皮環境

毛穴に皮脂汚れが詰まる、血行不良になるなど、頭皮環境の悪化も白髪を生えやすくします。ターンオーバーが乱れることで皮膚のバリア機能が低下し、毛根がダメージを受けることに。その結果、メラノサイトの働きにも影響が及び、メラニンが生成されにくくなります。

 

白髪が黒髪に戻ることはある?

黒髪に戻る確率は20%

一度白髪になった毛髪が再び黒髪に戻る確率は、20%程度と言われています。メラノサイトの一時的な休止かメラニンの原料であるチロシンの不足、このどちらかが原因の場合のみです。
残りの80%はメラノサイトの消失が原因であり、この場合は黒髪に戻ることはありません。

 

白髪に効果的な医薬品はない

メラニンが異常に生成されると、細胞が癌化する可能性があることが判明しています。
白髪を黒髪に戻すにはメラニンの生成が不可欠なので、白髪に効果的な医薬品の開発には、癌化のリスクが伴うと考えられています。
そのため、白髪を改善する医薬品はなく開発も進んでいないのです。

 

白髪予防ケアとしてできること

3食バランスよく食べる

メラノサイトの働きを正常に保つには、必要な栄養素を摂取することが不可欠です。
食事はバランスよく、肉よりも魚や野菜メインの内容で、3食しっかり食べることが大切です。特にビタミンとミネラル、タンパク質は意識して摂るようにしましょう。

 

十分な睡眠

十分な睡眠時間が確保できないと、髪の色素をつくるメラニンの生成が不十分になり白髪の原因になります。
寝ている間はメラトニンの働きにより細胞が回復する力も強くなるので、髪の健康のためにも睡眠時間はしっかり確保することが大切です。

 

禁煙する

ニコチンには血管を収縮させる作用があります。血行不良になることで、メラノサイトや髪をつくり出す毛母細胞の働きが弱まります。
また、ニコチンを体外に排出する際ビタミンを使用するので、ビタミン不足も白髪が生える原因となっています。禁煙をすることで血行不良やビタミン不足が改善され、白髪の生成を抑えることができるでしょう。

 

頭皮マッサージ

頭皮の血行を促進するために、指の腹を使ってマッサージするのも有効です。シャンプーしながらマッサージすれば、時短にもなりますよ。
爪を立てると頭皮が傷つきますので、注意しながら行なってください。全体を揉みほぐすように指を動かすのがポイントです。

 

「白髪は抜くと増える」は本当?

毛根が傷ついて周りの毛も白髪リスクアップ

「白髪は抜くと増える」と言われていることが多いですが、白髪を抜いても増えることはありません。
ただし、白髪を抜いたことで毛根が傷ついて炎症を起こすことで、周りの毛根にも影響が及び、白髪が生えやすくなる可能性はあります。

 

くせ毛やハゲにつながることも

毛根が傷つくと、髪が再生されなくなる場合があります。
1,2本だからといって白髪を見つけるたびに抜いていると、結果的に多くの毛根を傷めることになり、髪が生えてこない毛根が増えることになるのです。たとえ数本でも、白髪は抜かないようにしましょう。

 

見つけたら根元を切るのがベスト

白髪を発見したときは、抜くのではなく根元から切るようにしましょう。どちらにしても再び白髪が生えてくる割合が高いのですが、切れば毛根を傷めずに済みます。
白髪が増えにくい頭皮環境をつくるためには、毛根を労わってあげることが大切です。

目立ち始めた白髪の対策方法

ハイライトは白髪カバーにおすすめ

予防ケアを心がければ白髪を抑制できる可能性は高まりますが、加齢とともに増えてくるのは仕方のないことです。
全体に白髪が目立ち始めたばかりのときは、ハイライトでカバーするのがおすすめ。白髪率が30%未満程度であれば、ハイライトだけでもある程度は隠すことができます。

 

おしゃれに白髪を目立たなくできる

髪全体をカラーリングしてハイライトを入れたほうが、よりきれいに仕上がります。おしゃれな髪色を楽しみながら、白髪をうまくカバーすることが可能です。
明るい線が縦に入るので、根元の白髪が伸びてきても目立ちにくいというメリットもあります。

 

正しい白髪対策を心がけて

正しい対策を心がければ、白髪を生えにくくすることは可能です。頭皮や毛根を傷めないように気を使い、生活習慣にも配慮して、白髪を抑制しましょう。

 

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ

ヘアケアに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報
剛毛におすすめの髪を柔らかくするシャンプー10選

剛毛におすすめの髪を柔らかくするシャンプー10選

24.7k
iauシャンプーで地肌をケアする!おすすめ人気商品3選

iauシャンプーで地肌をケアする!おすすめ人気商品3選

4.2k
シリコン入りシャンプーおすすめ人気ランキング12選!ノンシリコンとの違いとは?

シリコン入りシャンプーおすすめ人気ランキング12選!ノンシリコンとの違いとは?

8.8k
覚えておいて損はなし!「湯シャン」のやり方とポイント

覚えておいて損はなし!「湯シャン」のやり方とポイント

221
頭皮に優しいシャンプー人気おすすめランキング10選!アンダー¥2,000で集めてみました

頭皮に優しいシャンプー人気おすすめランキング10選!アンダー¥2,000で集めてみました

16.7k
髪を美しくするおすすめの市販トリートメント14選!ドラッグストアで手軽に買える!

髪を美しくするおすすめの市販トリートメント14選!ドラッグストアで手軽に買える!

12.1k
【良い頭髪はブラッシングから】ブラッシングのメリットと注意点とは?

【良い頭髪はブラッシングから】ブラッシングのメリットと注意点とは?

126
【保存版】くせ毛はどうして発生する?その理由と自宅での髪質改善方法を紹介!

【保存版】くせ毛はどうして発生する?その理由と自宅での髪質改善方法を紹介!

3.7k

ヘアケアに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

NEWSカテゴリ一覧