更新日:2023.07.03
59039

髪が固くて悩んでいる方必見!自分でできる髪質改善法

毎朝髪の毛をセットするたび、硬くて太い髪にイライラすることはありませんか?多くの人が硬くて太い髪質にコンプレックスを抱えているかもしれません。しかし、少しでも柔らかい髪になることで、髪がまとまりやすくなり、朝のセットの時間も短縮できるかもしれません。そこで、今回は硬くて太い髪質を改善し、少しでも柔らかい髪にする方法をご紹介します。

髪の毛が硬い人と柔らかい人がいるのはなぜ?

髪の毛の構造で髪の硬さが変わる?

width='399'

髪の毛は、外側からキューティクル(毛表皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄質)という構造を持っています。一番外側のキューティクルが厚い髪は硬くなり、キューティクルが薄い髪は柔らかくなります。キューティクルは髪の保護を担っており、厚いキューティクルは髪を頑丈にし、外部のダメージから守る役割を果たします。一方、薄いキューティクルは髪に柔軟性を与え、手触りが滑らかになる傾向があります。

遺伝子で髪の硬さが変わる?

width='399'

髪の硬さは、コルテックスの密度やキューティクルの厚さにも影響されますが、遺伝的な要素も関与しています。特定の遺伝子が髪の成長や構造に関与しており、その遺伝子のバリエーションが個人の髪質を決定すると考えられています。もし母親や父親が硬い髪質であれば、同様に硬い髪になる可能性が高いです。

食生活で髪質が変わる?

width='399'

食生活によっても髪質は変化します。私たちの髪はタンパク質で構成されており、タンパク質の摂取量やバランスは髪の成長や健康に影響を与えます。ただし、過剰に高タンパクな食品(例:お肉)を摂りすぎると、コルテックスが太くなる原因となり、髪の毛が太くなってしまいます。これによって髪が硬くなることがあります。バランスの取れた食事を心がけることが重要です。また、水分摂取も忘れずに行い、髪の毛の適切な保湿を促すことも大切です。

硬い・柔らかい何が違うの?それぞれの特徴は?

キューティクルの層の違いで変わる!

width='399'

硬い髪質の人は、髪の毛をしっかりガードするために、キューティクルの層が何層も重なっています。一方、柔らかい髪質の人は、キューティクルの層が薄くなっています。キューティクルは髪の保護に役立つため、層の違いが硬さや柔らかさの特徴を生み出しています。

髪質でヘアケアやセットのしやすさは違う?

width='399'

硬い髪質の人は、1本1本が硬くしっかりしており、キューティクルも多いですが、まとまりにくい特徴があります。一方、柔らかい髪質の人は、キューティクルが少なく、枝毛などが起こりやすいですが、カールがつきやすくまとめやすい特徴があります。

パーマのキープ力は?入りやすいカラーの色は?

width='399'

硬くて太い髪質の人は、パーマが一度かかると持ちがよく、カラーはレッド系の暖色系の色が入りやすいです。一方、柔らかく細い髪質の人は、パーマがかりにくく、カラーはアッシュ系やマット系などの寒色系の色が入りやすいです。

自分の髪がどちらか判断して、髪質改善しよう

自分の髪質が何か分からない場合は?

width='399'

自分の髪質を知るために、美容師さんに相談することもできますが、いくつかのセルフチェック方法もあります。一つの方法として、髪の毛の一本を両端で持ち、水平にして片手を離してみてください。もし髪の毛が水平のままであれば、それは硬くて太い髪質と言えます。

縮毛矯正でくせ毛も一緒に落ち着かせよう!

width='399'

縮毛矯正は薬剤を使って髪をストレートにする方法です。くせ毛が気になる硬い髪質の人には、縮毛矯正が効果的です。これにより、ボリュームを抑えて、扱いやすいさらさらのストレートヘアにすることができます。

縮毛矯正で落ち着いた髪をきれいに保つには?

width='399'

縮毛矯正で落ち着いた髪を美しく保つためには、正しいシャンプーの選択と洗い方に気を配る必要があります。CMC配合のシャンプーや髪に優しいシャンプーを選びましょう。洗う際には、ゴシゴシと力を入れずに、優しく髪を包み込むように洗うことが大切です。

シャンプーで硬い髪質を改善する方法 

東京で流行中、cmc配合のシャンプーで柔らかい髪に近づこう!

width='399'

cmc配合のシャンプーは、髪の毛の毛髪細胞膜複合体(cmc)に働きかける役割を持っています。cmcが減少すると、髪のキューティクルがはがれ落ち、髪のツヤが失われてしまいますが、十分にcmcが補われた髪は、ゴワゴワとした髪質になりません。cmc配合のシャンプーは、接着剤として機能し、髪を潤滑させる効果もあります。

髪を柔らかくするシャンプーの相場は? 

width='399'

硬い髪質を柔らかくするためには、アミノ酸系シャンプーや保湿効果の高いシャンプーがおすすめされています。このようなシャンプーは、平均的には2,000円前後で販売されています。価格には個体差がありますが、適切な製品を選ぶことで、髪質改善に役立つでしょう。

太くて硬い髪にはおすすめできないシャンプーは? 

width='399'

硫酸系洗浄成分のシャンプーやせっけんシャンプー、補修効果の高いシャンプーは、洗浄力が強いため、髪を柔らかくしたい人にはおすすめできません。これらのシャンプーは、髪の状態を悪化させる原因となることがあります。硬い髪質の改善を目指す場合には、刺激の少ないシャンプーを選ぶことが大切です。

髪の乾かし方も工夫して髪質改善  

トリートメントをしっかりする!

width='399'

シャンプーの後、しっかりとトリートメントを行うことで、硬い髪質をしなやかにする効果があります。トリートメントは保湿効果を高めてくれるため、パサパサでボリュームが増えるのを防ぎます。トリートメントを髪になじませ、少し置いてから洗い流すと効果が高まります。

タオルドライの仕方でも変わってくる! 

width='399'

シャンプー後のタオルドライも髪質改善に影響を与えます。ゴシゴシと激しくこするのではなく、優しく水分を取り除くことが大切です。タオルを使って水分を十分に吸収し、髪を乾かしていきましょう。この方法によって、髪質がよりきれいに整います。

髪の乾かし方を変えると髪質も変わる?

width='399'

ドライヤーを長時間使用すると、髪のキューティクルがダメージを受ける可能性があります。そのため、しっかりとタオルで髪を乾かし、ドライヤーの時間を短くすることが重要です。毎日の習慣として取り入れることで、髪を傷めずに柔らかい手触りを実現することができます。

髪質は改善できる!憧れの髪質を手に入れよう!

width='399'

硬くて太い髪質を持っている人でも、適切なケア方法を取り入れることで改善することができます。まずは適切なシャンプーを選ぶことが重要です。硬い髪質にはアミノ酸系や保湿効果の高いシャンプーが効果的です。また、縮毛矯正を行うことで髪を落ち着かせることもできます。様々な方法で、髪質を改善していきましょう。

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事